BIOGRAPHY

Ron -carter

1937.5.4生まれ。現代ジャズ界最高峰のアーティスト。ジャズ・ベースの神様。 10歳の頃よりチェロのレッスンを受け始め、ハイスクール時代よりベースを弾くようになる。 63年、マイルス・デイヴィスのクインテットに参加。ハービー・ハンコック、トニー・ウィリアムスと<不動のリズム・セクション>を形成する。このマイルス・バンドは<黄金のクインテット>と呼ばれ、60年代アコースティック・ジャズの頂点を極めた。 68年、マイルス・デイヴィス・クインテットを脱退。フリー・ランサーとなり、さまざまなミュージシャンと共演する。 77年、マイルス・デイヴィス・クインテットの再編を企画したニューポート・ジャズ・スェスティヴァルのプログラム\'VSOP\'に出演。たった1回のイベントのつもりが大反響を巻き起こし、世界ツアーを行う。 86年サントリー・ホワイトのTVコマーシャルに出演。評判を呼ぶ。同コマーシャルの使用曲を含むアルバムは大ヒットする。 92年、東芝EMI移籍。バッハを取り上げた第1弾アルバム、「G線上のアリア」は大ヒット。その後もクラシックをテーマにした「フレンズ」「ブランデンブルグ協奏曲」を発表。ジャズ作品では「ジャズ・マイ・ロマンス」「ベース・アンド・アイ」「ソー・ホワット」などの意欲作を発表し続けている。 99年6月、ボサノバ作品「オルフェ」発表しベストセラーになり、翌年続編ともいうべき「ホエン・スカイズ・アー・グレイ」を発売。 2001年10月、巨匠オスカー・ペティフォードに捧げた作品「スターダスト」を発表。 2006年07月 今は亡き帝王、マイルス・デイヴィスに捧げた『ディア・マイルス』を発売。 2007年5月、伊藤園/TULLY\'Sより新発売されるチルドカップコーヒー「BARISTA\'S SPECIAL」TV-CMキャラクターとして登場、CMソング「イッツ・ザ・タイム」を書き下ろした。