ザ・レッド・ジャンプスーツ・アパラタス
 

PICKUP ITEM

一緒に歌ってくれよ、俺は敵なのか?
ザ・レッド・ジャンプスーツ・アパラタス、さらなる進化をここに刻む。
USロック・ニュー・スタンダード="レッジャン"、
通算3作目のオリジナル・アルバム!

 
 

INFORMATION

「今までやってみたことのない、かっこいいデジタル・プログラミングや実験的なドラム・サウンドが聴けるよ。かなりイカレた、それでいて新しいコー ド。ジョン・フェルドマン(プロデューサー)は俺たちにとって新しいドアを開いてくれたよ。俺たちのファンでミュージシャンだったら、聴いたとたん気づく と思う。コードのいくつかはかなり独特な音だけど、とびきりすばらしいし、レコード全体としても結束力のあるものなんだ」 ロニー・ウィンター

米フロリダ州ジャクソンビル出身。"Red Jumpsuit Apparatus"(赤ジャンプスーツ器具)という名前はメンバーがきまぐれてつけた名前で特に名前への拘りはなかったらしい。日本では"レッジャン" の愛称で親しまれている。2006年デビューアルバム「ドント・ユー・フェイク・イット」をリリース(日本発売は2007年)。全米最高25位を記録し、 全世界でミリオンを売り上げる大ヒットを記録した。 2007年4月幕張メッセにて開催されたPUNKSPRING'07への出演で初来日を果たした。2009年には2ndアルバム「ロンリー・ロード」をリ リース。その直後に初の単独来日も行った。アルバムは全米最高14位を記録。この作品では前作以上に普遍的なロックへの模索がより顕著となり、ジャンルを 軽く超えるロック・バンドに成長を果たすことになった。その後当時契約を結んでいたヴァージン・レコードからの離脱を表明するも、EPのリリースやツアー など活動を継続、そしてバンドの持ち味を今一度詰め込んだ3年ぶりとなる通算3枚目となる今作を完成させた。

ネオスクリーム、エモ等細かいジャンルなど軽く吹き飛ばす、これこそ今のアメリカのロックの新基準。スクリームありメロディあり、と彼らがこれまで2枚のアルバムで進化してきた要素をふんだんに盛り込み、さらに新基軸にも意欲的に取り組んだアルバムが完成!

 
 
 

MOVIE

YouTubeにて 「Reap (Lyric Video)」 視聴開始!