Artist: クイーン")
Label: USMジャパン
TOPICS

クイーン:ザ・スタジオ・コレクション スペシャル・エディションのアナログ盤ボックス・セットを9月25日にリリース!

海外プレス・リリース訳を掲載いたします。

15のヒット・スタジオ・アルバム全作品
ソースはオリジナルのマスター・テープ
マスタリングはボブ・ラドウィックが担当
アビイ・ロード・スタジオでハーフ・スピードのラッカー盤をカッティング
180グラムのカラー重量盤にプレス
図版をふんだんに収録した108ページの上製本を同梱
各LPは通常の黒盤で、単体でも発売

ボックス・セットには高品質デジタル・ヴァージョン(320kbps MP3)のダウンロード・コードを封入

レガ社の限定版ターンテーブル「クイーン・バイ・レガ」も同時発売

Studiocollection01

「なんとかしてこのアナログ盤をブレイクスルーさせたいんだ!」

ロンドン——2015年7月16日——クイーンをアナログ盤で:今や伝説的存在となったクイーンを、1970年代のリスナーたちはこの形態で聞いていた。当時はレコードというとまず、アナログ盤を指していたからだ。今年の9月、クイーンはすでに全世界で大きな盛り上がりを見せているアナログ盤とレコード・プレイヤーの再ブームにさらなる拍車をかけるべく、オーディオとアートワークの両面で、最高の品質基準に沿ってリマスターされたスタジオ・アルバム全作を集大成したアナログ盤LPボックスをリリースする。

バンドと彼らのレーベル、ユニバーサル・ミュージックは今日、『クイーン:ザ・スタジオ・コレクション』——テーマに合わせたカラー盤LPを18枚収録したボックスが9月25日に発売されると発表した。

このボックス・セットと同時に、レガ社から、クイーン・ブランドの完全カスタム仕様ターンテーブルが限定発売される。

15作のアルバム。18枚のレコード? どういうことなのだろう?

クイーンは以前から、自分たちが1970年ごろ最初に創作活動をはじめたアナログ盤というメディアに特別な愛着を持っていた。そのため彼らは原則として、CDが主流になってからもずっと、ずべてのスタジオ・アルバムをアナログ盤で同時発売しつづけた。しかし最後のアルバム2作、《イニュエンドゥ》と《メイド・イン・ヘヴン》は主にCDを念頭に置いて構成され、収録時間が長くなっていたため、アナログ盤のAB面に収めるためには、一部の曲をカットしなければならなかった。今回のボックス・セットでは、はじめてその全曲が2枚組のアナログ盤LPに収録され、その結果このコレクションは、あらゆる面で完全なものとなっている。

このボックス・セットには、ほかにも数多くの特徴がある。なかでも特に目につくのがカラー盤だ——コレクター向きに盤の色は、オリジナルのアートワークに合わせてひとつひとつが異なり、プレイヤーに載せるとユニークな体験ができる。カラー盤はこのセットだけの特注品で、音質をいっさい損ねない、新たな素材テクノロジーを使用している。

ボックス・セットにはまだまだサプライズが待っている——《クイーンⅡ》はもともとA面、B面ではなく、「サイド・ホワイト」、「サイド・ブラック」という割り振りがされていた。この新版ではアルバムが2枚の盤、いずれも裏面にエッチングがほどこされた白と黒の盤にカッティングされている。コレクターにとってはうれしいボーナスだろう。

このボックス・セットの制作には、5年の歳月がかかっている。この期間を通じてずっと、クイーンのプロダクション・チームは、骨の折れるマスタリング・プロセスの全段階に幅広く携わってきた。最初のステップはテープのリサーチだった——すべてのトラックについて正しいヴァージョンと最高のソースを見つけ、特定する作業である。とりわけ〈アンダー・プレッシャー〉と《イニュエンドゥ》の収録曲5曲は、この時期、よりよいソースが発見されたおかげで、音質が大幅に向上した。より初期のソースに立ち返ることで、なにかが失われたり、悪い方に変えられたりすることがないように、オリジナルのリリースに対しては、特に注意が払われている。

マスタリング:最高品質のマスタリングを実現するために、クイーンのチームは同じ3曲のテープを世界的に有名なマスタリング・エンジニア数人に送付し、できるかぎりのことをしてほしいと依頼した。担当者も正解を知らないダブルブラインドの比較テストの結果、だれもが勝者と認めたのはボブ・ラドウィックのマスタリングだった。かくして彼に、このプロジェクトにふくまれる全カタログのマスタリングが依頼された。ラドウィックはおそらく、世界でもっとも有名なマスタリング・エンジニアだろう。アメリカのポートランドにあるゲートウェイ・マスタリングの完璧な音響環境、そして世界有数のアナログおよびデジタルの機材と相まって、彼のスキルは比類のない、高品質の結果を達成している。おかげで要求の高いクイーンのチームは、自分たちの希望をすべて叶えると同時に、その評判の正しさを再確認することになった。

もともとは全曲が可能なかぎり、オリジナルのミックス・テープからストレートにマスタリングされる予定だった。しかし実のところそれらのテープは、大半が時とともに劣化し、なんらかのレストア作業を必要としていた。チームが遭遇した問題には、スピードのエラー、オーディオの欠落、新たに発生していたクリック、およびその他の不要なノイズなどがある。そこで予定が変更され、96 KHz / 24ビットのサンプリングレートを用いた最高級品質のデジタル・マスターが作成されることになった。以後、すべてのレストア作業はデジタルの領域でおこなわれ、アナログ盤は、この完璧に仕上げられたファイルからカッティングされた。レストアはすべて、オリジナルに最大限の敬意を払いつつ、できるだけ跡を残さないようなかたちでおこなわれ、おかげでまちがいなくこれまでで最高といいきれるマスターができあがった。
 
カッティングはいうまでもないことだが、アナログ盤の出来不出来はすべて、最終段階——実際の「カッティング」——にかかっている。これは最終的にわれわれの耳に届く音の全情報を伝達する、連続したらせん状の溝を盤の両面に刻んでいく作業のことだ。

このプロセスに関しては、候補者はひとりしかいなかった——ロンドンの高名なアビイ・ロード・スタジオに所属するマイルズ・ショーウェルは、ハーフ・スピード・カッティングの技術を極めた男だ。ショーウェルはソースファイルとカッティングレース(旋盤)の両方を、通常の50パーセントのスピードでまわす。それによって溝をカッティングする精度は2倍になり、プレーヤーのレコード針を通して聞く音楽も、より優れた音質で再生されるのだ。ショーウェルが使っているのは、ていねいに手入れされたノイマンVMS80カッティングレース。カスタムデザインのRIAAフィルターを搭載したカッターヘッドアンプがついていて、これらのフィルターは、最高にクリーンなサウンド用に最適化されている。ショーウェルはまず、アセテート盤にアルバムをカットして全曲をチェックし、歯擦音などのアナログ盤に特有の問題を解決した段階で、はじめて製造工場に送るラッカー盤をカットしていた。

いくつかの試行錯誤をへて、結局アルバムの製造は、ドイツのオプティマル社に依頼された。オプティマルはオーディオマニアをもうならせる品質のプレスで知られ、印刷や、このボックス・セットに収められるその他すべての要素に関しても、比類のない能力を有している。クイーンのチームはオプティマルの技術者たちと密に連動し、網羅的な品質管理を実施した。カラー盤、黒盤の両方で、全作品のテスト・プレスをチェックし、不要なノイズを極力減少させたのだ。最後に、完成したレコードは、最高品質のモダンなレコード・プレーヤーで各LPのオリジナル・プレスと比較され、「これだけのことをした価値はあったのか?(Was it all worth it?)」という問いに答えることになった。

 その曲の最後の歌詞にもあるように——「ああ、それだけの価値はある経験だった!!!」

*****

18枚組のアナログ盤ボックス・セットには、図版をふんだんに収録した12×12インチ、全108ページの上製本が同梱されている。本には各アルバムの紹介、メンバー自身の発言、手書きの歌詞、珍しい写真、メモラビリア、そしてシングルとヴィデオに関する情報が掲載されている——これらはすべて、クイーン自身のアーカイヴに加え、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、そして数人の寛大なファンの個人的なアーカイヴがあったおかげで収録できたものだ。全員に感謝したい。

Studiocollection01

クイーン・スタジオ・コレクション

戦慄の女王
クイーンⅡ*
シアー・ハート・アタック
オペラ座の夜
華麗なるレース
世界に捧ぐ
ジャズ
ザ・ゲーム
フラッシュ・ゴードン
ホット・スペース
ザ・ワークス
カインド・オブ・マジック
ザ・ミラクル
イニュエンドゥ
メイド・イン・ヘヴン

*ボックス・セットのみの2枚組スペシャル・エディション。1枚もののスタンダード・エディションも別個に発売される。

*****

このパッケージの締めくくりとして、クイーンは世界有数のターンテーブル・メーカーとして知られるレガ社と手を組むことになった。

クイーンとレガ社はここに、リマスターされたカラー盤LP ボックス・セットのリリースに合わせて、限定版のオフィシャルなターンテーブルが発売されることを発表する。クイーンのクラシックなロゴがデザインされたこのユニークなターンテーブルは、各種の賞を獲得した「プラグ&プレイ」レガ・ターンテーブルのトーン・アーム・テクノロジーを採用している。どちらも生粋のイギリス育ちで、それぞれに偉業を達成してきたレガとクイーンは、まさしくぴったりの組み合わせといえるだろう。


VIDEO
Queen - Studio Collection Vinyl Box Set Trailer

https://youtu.be/ypQJFEywbyc

NEWS一覧に戻る