BIOGRAPHY

Planet Spirita プラネット・スピリタ


◆堀 雅貴(マンドリン、マンドロンチェロ、ギター) - Masataka Hori (Mandolino, Mandolon cello, Guitar)

Masataka _hori
株式会社T.S PROJECT INTERNATIONAL専属アーティスト。2008年7月に結成された世界初マンドリン・デュオ"プラネット・スピリタ"のリーダーとして本作品によりCDデビューを果たす。
ソリストとしては数多くのマンドリン系楽器を自由自在に使いこなし古典から今のポップスまでレパーリーは幅広い。マンドリンを通して表現する音楽性は豊かでその技術の高さや音楽にかける情熱は他のジャンルの音楽家からも絶大な信頼を得ている。
またマルチタレントと呼ばれるのは、堀の興味がマンドリンだけに留まらずギター、作曲、他の楽器とのアンサンブル、教師としても才能を発揮する他、ファッションやエコライフにも深い興味を示す自然派のライフスタイルの青年で、T.S P.I.の新境地"ハーバルミュージック"にも大きな関心を抱いている。明治大学附属明治中学校にて初めてマンドリンを手にして以来、高校から久保田孝氏にマンドリン・和声・指揮法を師事しながらその確固とした技術を生かし、現在も久保田氏の率いるマンドリンオーケストラでマンドリンやギターを奏でている。今までに国内外の一流アーティスト、マンドリンのリカルド・サンドバル、ギターのボリス・ガケール、ソプラノの柴田智子、ピアノの中島剛氏等とも共演活動の場を広げている。ホームグランドの自由が丘オペラ座では年に数回ライヴをこなしソロやアンサンブルでは銀座王子ホール、HAKUJU HALL、紀尾井ホール、第一生命ホール等でコンサートに出演。

《受賞歴》
東京都文化連盟賞(2002)、第1回大阪国際マンドリンコンクール第3位(2005)
前橋マンドリンフェスタ2006マンドリン四重奏コンクール第1位(2006)、明治大学法学部表彰(2005,6)



◆丸本 大悟(マンドラ、マンドリン) - Daigo Marumoto (Mandola Tenor., Mandolino)

Daigo _marumoto
株式会社T.S PROJECT INTERNATIONAL専属作曲家。世界初マンドリン・デュオ"プラネット・スピリタ"のマンドラ奏者として本作品によりCDデビューを果たす。小さい頃からエレクトーンと楽典を学んだ基礎は、彼の高校時代を音楽から遠ざけはせず、バンド活動を続ける。大学時代よりマンドラの音色に心を奪われ井上泰信氏師事する一方、氏の率いる「ARTEMANDOLINISTICA」でマンドラ奏者として活躍。数多くのマンドリンオーケストラの作曲を手がけ独自の作品を集めたコンサートを今までに3回開催、マンドリン界では多くの人の心を掴む。その成功の裏には彼の才能努力に留まらず、恩師である井上氏による若き才能を開花させるサポートがあった事にデビュー前の丸本大悟の成功の一端がある。昨年東京に自らの拠点を移し久保田孝氏に和声法を師事。同年4月自主制作して「MUSIC FOR MANDOLIN」のCDを堀雅貴氏からT.S P.I.に紹介された事ですべての流れが変わり、T.S P.I.のライヴスペース自由が丘オペラ座のプロデュースアーティストとして堀雅貴とマンドリン・デュオ"プラネット・スピリタ"を結成。人の心に寄り添う音楽を宇宙の鼓動として届けるために新しいチャレンジに挑んでいる。コンポーザープレーヤーとしてのプレッシャーと戦いながらマンドリン界のみならず他のジャンルへの作曲も手がけ広い世界の作曲、演奏への挑戦は始まったばかりである。