BIOGRAPHY

小西 康陽

小西 康陽 / KONISHI YASUHARU 

1959年、札幌生まれ。
1985年、ピチカート・ファイヴのリーダーとしてデビュー。90年代の音楽ムーヴメント「渋谷系」のグループのひとつとして認知される。
1995年の米国デビュー以来、海外でも多くのファンを持ち、多くの楽曲が映画・ファッションショーなどで使用された。
2001年3月31日のピチカート・ファイヴ解散後は、作詞/作曲/編曲/DJ/リミキサーとして活動。
2009年、NYオフ・ブロードウェイで上演されたミュージカル「TALK LIKE SINGING」(三谷幸喜 演出・脚本/香取慎吾主演)の作曲・音楽監督を務めた。
2011年、PIZZICATO ONE名義で初のソロ・アルバム『11のとても悲しい歌』を発表。日本のみならずワールドワイド・リリースもされ、高い評価を得た。