ムンタズ・ワンダー

ムンタズ・ワンダー

PICKUP ITEM

そして歴史と才能は、彼に引き継がれる・・・。 
偉大なる父"スティーヴィー・ワンダー"より譲り受けたその美声に、世界中が魅了される時が遂に来た・・・。
"ワンダー"の名を唯一譲り受けた実の息子、
ムンタズ・ワンダー。
日本独自契約で世界初デビュー!

Photo

INFORMATION

~日本独自契約デビュー・ヒストリー~

♪ 日本が"世界初"となるデビュー
世界の主要メジャー・レーベルからのオファーを跳ね除け、なんと日本がデビューをいち早く勝ち取った。日本が世界のどこよりも先駆け、ムンタズのデビュー・シングル契約を実現!

♪ 父=スティーヴィーからのアドバイスが日本デビューを後押し  
父スティーヴィーから直々に「僕は日本を愛している。次生まれてくる時は日本人がいいよ(笑)。そんな日本から息子がデビューする事は、まるで生まれ変わった僕を見ているような気分だよ。だから日本でのデビューを僕はバックアップしたいし、すべきだね。」とも。日本でお馴染みのKIRINの缶コーヒー"FIRE"CM曲のレコーディング時にスタジオに居合わせたという幼少時の思い出、さらにムンタズ自身活動拠点であるロサンゼルスで日本人との親交が深かった事も大きい。

 

♪ 楽曲プロデュースはJeff Miyaharaを起用 
デビュー・シングルのプロデュースには、"和製スターゲイト"こと第51回日本レコード大賞で作曲賞を受賞したスーパー・プロデューサーJeff Miyaharaが抜擢!Jeffが奏でるどこまでもメロウで、ドラマティックな楽曲が、ムンタズの父スティーヴィー譲りのソウルフルな美声と融合。日米合作の究極のシングルがここに完成。

♪ きっかけはMySpace。デビュー・シングルもデジタル先行! 
MySpace上で自身の活動の場を広げていたムンタズ。昨今のアーティストはYouTubeやMySpaceといった「ネット上」で自分の楽曲を公開し、時にそれがメジャー・デビューの足がかりとなるケースが増えおり、彼の活動を早い段階から日本がネット上でチェック、契約に向けラヴ・コールを送り続けた。