BIOGRAPHY

Montell Jordan / モンテル・ジョーダン


ロサンゼルスはサウス・セントラル出身。幼少のころから教会やタレント・ショウで歌っていたという彼は、 大学卒業後にプロのシンガーを志し、約7年間に渡ってレコード・ディールを探し歩いたという。 その後、PMPレコーズ社長のポール・スチュワートに見出され、彼の紹介によりラッセル・シモンズと出会ったことで 見事デフ・ジャムと契約を交わしている。

 1995年にシングル"This Is How We Do It"でデビューを果たす。 スリック・リック"Children Story"を引用した曲は、瞬く間にチャートを駆け上がって首位の座を射止め、 結果として200万枚以上のセールスを達成。続けて発表したデビュー・アルバム『ディス・イズ・ハウ・ウィ・ドゥ・イット』も 大ヒットを記録した。

 1996年の2ndアルバム『More...』からの"I Like"、1998年の3rdアルバム『レッツ・ライド』からの"When You Get Home"と、 コンスタントにヒットを飛ばしながらも1stアルバムの壁を越えられずにいたモンテルだが、 1999年の4作目『ゲット・イット・オン・トゥナイト』からタイトル曲をトップ3ヒットに導き、 アルバムもミリオンセールスにまで達した。

 多作なモンテルは、2002年2月に5作目にして初めて自身の名前を冠とした『モンテル・ジョーダン』をリリース。 さらなる飛躍が期待されるところだ。

 また、ソングライターとしても非凡な才能を発揮しているモンテルは、これまでにデボラ・コックス "Nobody Supposed To Be Here"やシスコ"Incomplete"など、多くのヒット曲を生み出していることも付け加えておきたい。