Biography

メガデスは、音楽的相違を理由にデビュー前のメタリカから放出されたデイヴ・ムステイン(vo, g)を中心に、1983年にL.A.で結成されたヘヴィ・メタル・バンド。1985年にインディ・レーベルからデビュー・アルバム『キリング・イズ・マイ・ビジネス』(原題はKilling Is My Business... And Business Is Good!)を発表後、1986年にはアルバム『メガデス』(原題はPeace Sells...But Who's Buying?)で米キャピトル・レコードよりメジャー・デビュー。全世界的に大きな注目を集め、その後、メンバー・チェンジを経て、1992年のアルバム『破滅へのカウントダウン』(原題はCountdown to Extinction)が全米チャートで最高2位をマークする大ヒットとなり、世界中で人気爆発。続く1994年のアルバム『ユースアネイジア』も全米チャートで最高4位まで上昇する大ベストセラーとなり、1980年代後半から1990年代前半にかけて黄金期を迎えました。キャピトル・レコードからリリースされた最初の5枚のアルバムはすべて全米ではプラチナ・ディスクに輝いており、1992年の大ヒット作『破滅へのカウントダウン』はダブル・プラチナムを獲得しています。

その後、バンドは2002年に一度解散しましたが、2004年にデイヴ・ムステインを中心にバンドが再始動され、2007年のアルバム『ユナイテッド・アボミネイションズ』(原題はUNITED ABOMINATIONS)、2009年アルバム『エンドゲーム』(原題はEndgame)は、いずれも全米チャートでトップ10に入る大ヒットを記録。2008年には新ギタリストにクリス・ブロデリックを迎え、2010年にはオリジナル・メンバーでもあるベーシストのデイヴィッド・エレフソンがバンドに復帰。デイヴ・ムステイン(vo, g)、デイヴィッド・エレフソン (b)、クリス・ブロデリック(g)、ショーン・ドローヴァー(ds)というラインナップで2011年にリリースされた通算13作目のアルバム『サーティーン』(原題はTh1rt3en)は、全米最高11位を記録。続く2013年にリリースされた前作『スーパー・コライダー』(原題はSuper Collider)は、全米最高6位をマークする大ヒットを記録しています。

スラッシュ・メタルというジャンルを確立したメガデスは、これまでにアルバムの総売り上げ枚数が全世界で3,800万枚以上を記録。また、グラミー賞にも11回ノミネートされています。メタリカ、スレイヤー、アンスラックスといった同時期に活躍したバンドとともに、“スラッシュ・メタル四天王"、“Big 4"とも呼ばれています。
 今回のニュー・アルバムは、前作『スーパー・コライダー』から約3年ぶり、スタジオ録音のオリジナル・アルバムとしては通算15作目にあたるもの。このニュー・アルバムも、デイヴ・ムステインが設立した新レーベル“トレードクラフト(Tradecraft)"からのリリースとなる作品です。