BIOGRAPHY

McBUSTEDとは??

McBUSTED

■バステッド ショート・バイオ

マットとジェイムスがライヴ会場で出会い、バンドを結成しようと意気投合。NME紙にメンバー募集の広告を出し、2001年10月にチャーリーが加入。2002年ユニバーサルと契約。同年、デビュー・シングル「ホワット・アイ・ゴー・トゥ・スクール・フォー」は全英シングル・チャート3位、続く2ndシングル「イヤー3000」も2位(約2ヶ月間TOP 10前後につけるというロング・ヒット)。デビュー・アルバム『バステッド』も最高位2位。3rdシングル「ユー・セッド・ノー」はついに全英1位を獲得。デビューからの3作がそれぞれ3位(デビュー・シングル)、2位(2ndシングル)、 1位(3rdシングル)を記録したのは、なんと全英シングル・チャート史上初となった。
2003年には、2ndアルバム『プレゼント・フォー・エヴリワン』からの1stシングル 「クラッシュト・ザ・ウェディング」をリリース。ブリトニー・スピアーズfeat.マドンナとの激しい首位争いの末、全英シングル・チャート初登場1位。アルバム『プレゼント・フォー・エヴリワン』は全英アルバム・チャート2位(1位はマイケル・ジャクソン『Number Ones』だった)。2004年にはUKで最も栄誉ある音楽賞BRIT Awardsで新人賞とベスト・ポップ・アクトの2部門を受賞。日本でもオリコン洋楽シングル・チャートで3週連続1位の大ヒットを記録。
4月には初となる来日公演が実施。夏には、映画「サンダーバード」のテーマ・ソングとなるSgをリリース、全英1位を獲得している。
2005年に解散。その後それぞれが、ソロ、そして別のバンドでの活動。
ジェイムスは、スパイス・ガールズのメラニー・C、マクフライ、ジョナス・ブラザーズ等への楽曲提供も実施。

http://www.universal-music.co.jp/busted

■マクフライ ショート・バイオ

2003年に結成されたイギリスのPOP ROCK BAND。NME誌に掲載されたバステッドのオーディションに参加し、最後まで残ったが、バステッドには入れず、マネージメントのプロダクション・レーベルと契約したトムがダニーと出会い、アイランドと契約。その後、ハリー、ダギーが加入。2004年にデビュー。デビュー・アルバム『マクフライ』は全英1位を獲得。デビュー・アルバムで1位を獲得した最年少アーティストの座をザ・ビートルズから奪い取ることになる。2005年には、Brit Awardsで最優秀ポップ・アクトを受賞。その後もセカンド・アルバム『ワンダーランド』(2005)でも全英1位を獲得。Live 8 Japanへ出演。
その後も、『モーション・イン・ザ・オーシャン』(2006年)、『レディオ・アクティブ』(2009年)、『アバヴ・ザ・ノイズ〜未知なる世界へ』(2011年)などのオリジナル・アルバムに加え、ベスト・アルバムをリリース。

自身の活動はもちろんだが、さまざまなアーティストに影響を与えているほか、楽曲提供も行っている。
ワン・ダイレクションには『テイク・ミー・ホーム』収録の「アイ・ウッド」を提供、その他、アルバム『ミッドナイト・メモリーズ』においても楽曲提供、また共作を行っている。

その他、ザ・ヴァンプスにも多大なる影響を与え、彼らのデビュー・アルバム『ミート・ザ・ヴァンプス』でも1曲共作。また、5SOS、Rixtonらも彼らからの影響に関してSNS、インタビュー等で明言している。

http://www.universal-music.co.jp/mcfly

■マクバステッド結成のいきさつ

2013年9月にロイヤル・アルバート・ホールで行われたマクフライの10周年ライヴにジェイムスとマットが飛び入り参加し、「イヤー3000」、「エア・ホステス」、「シャイン・ア・ライト」等を共にパフォーマンス。
その後、マクバステッドの結成が発表、そして11日に及ぶアリーナ・ツアーが発表された、この11日間のライヴは1時間のうちに売り切れ、結果としてハイド・パークの6万人に及ぶ観客の前でのヘッド・ライン公演を含む35公演を実施することとなる。

そして、2014年10月Sg「エアギター」が発表、12月にはデビュー・アルバム『マクバステッド』がリリースされることが発表された。