NEWS

TOPICS

<イベントレポート>アルバム『F 守りたい君へ』発売記念イベント

アルバム『F 守りたい君へ』発売記念イベント
2016年3月2日 東京・渋谷のHMV&BOOKS TOKYO

Event201603 01

木山裕策のニューアルバム『F 守りたい君へ』発売当日の3月2日、渋谷のHMV&BOOKS TOKYOにて発売記念イベントが開催されました。

木山はグレーのスーツとネクタイでステージに登場。「今日は来ていただいてありがとうございます」と会場を埋めたファンに丁寧にあいさつしてトークがスタートしました。アルバムに収録したナオト・インティライミのカバー曲「今のキミを忘れない」はテレビ番組で共演した経験もあるクリス・ハートとのデュエット。
「お互いの気持ちをわかっているので、別々に録音したとは思えないほど融合した」
と語り、MONKEY MAJIKのカバー「ただ、ありがとう」やJUJUのカバー「やさしさで溢れるように」については、
「自分で選ぶとバラードの暗い曲ばかりになるので、新しい面を見せられたと思う」
と自信をのぞかせました。
 
その後ステージにはゲストとして元プロレスラーの佐々木健介さんが登場。
今回、アルバム『F 守りたい君へ』のジャケット写真には佐々木さんと長男の健之介さんとツーショットで登場しています。
「自分が出演したテレビのカラオケ番組のゲストが佐々木さんで、"home"が好きだと言ってくれた」(木山)と、2008年の大ヒット曲が二人の出会いのきっかけとなったそうで、佐々木さんはジャケット写真について「嬉しかったですね。息子と一緒の仕事になったので、小さなころからの子育てを思い出しながらやりました」と語っていました。
*アルバムのジャケットでは後ろ姿ですが、CDを開けると二人の笑顔の写真が現れます!

トークはアルバムのテーマにもなっている家族の話題に。
「"男の子4人で大変でしょ"と言われるけれど、とても楽しい。"イクメン"という言葉で片付けられないくらい当たり前のこととして子育てしている」(木山)
家族とは?という問いには 「家族は宝物」(佐々木さん)「家族は生きがい。家族ができて人生楽しくなった」(木山)
と語るなど、言葉の端々に家族への愛情が溢れ、終始笑顔のお二人でした。

イベントの最後には新作からの楽曲披露!
1曲目はトークの内容にもマッチした、ファミリーをテーマにした「家族になろうよ」(オリジナル・福山雅治)。そしてアルバムからのリードトラックであるオリジナル新曲で、大ヒット曲「home」の続編とも呼べる「「旅立ち~home 2016~」を熱唱。
「家族ってこうあるべきだなと思って、ウルウルこみあげてきた。皆さんに聞いていただきたい」とステージ上で曲を聴いた感想を話した佐々木さん同様、涙ぐむお客様の姿も。

「子供のことをずっと離れたところで見守っているという立ち位置でいたい。この曲にも"見送るよ"という歌詞がある。47年生きてきて、子供にどう向き合うか、転んでも転んでも立ち上がるのを見守ることしかできない。その思いで歌った。今の木山の気持ちそのものです」
と最後に楽曲に対する思いを熱く語り、イベントは幕を閉じました。

Event201603 01

NEWS一覧に戻る

 
 
 

News Letter

USM邦楽アーティストの最新情報をお届けします!(PC/スマホのみ)

Bana286 Prime Release