BIOGRAPHY

ジュリアン・レイジ / JULIAN LAGE


Julian _lage _bio1988年、アメリカのカリフォルニア州サンタローザに生まれた彼は、5歳よりギターをはじめ、12歳の時に全国でTV放送されたグラミー賞授賞式で演奏するなど、少年期より既に神童の呼び声高く、注目を集めると、その後間もなくアーティストとしての育ての親ともいうべきゲイリー・バートンに誘われてステージを共にし、2003年にはゲイリーのアルバム『GENERATIONS』のレコーディングに参加。更に2005年にリリースされた『NEXT GENERATIONS』にも参加し、自身のオリジナル曲を複数提供するなど、本格デビュー前ながら、ミュージシャンとしての地位を確立して行った。バートンのクインテットと共に演奏した公演にはサンフランシスコ・ジャズ・フェスティヴァル、モンタレー・ジャズ・フェスティヴァル、ニューポート・ジャズ・フェスティヴァルのほか、ヨーロッパや日本へのツアーも含まれる。

かのハービー・ハンコックをして、「ジュリアンは心と意思と魂でプレイする。こんなに若いのに、いつそれを学んだのか」と言わしめるなど、ゲイリー・バートン以外にもJAZZ界ででジュリアンを支持する声は多い。