BIOGRAPHY

GODSMACK 


Godsmack _bioSULLY ERNAサリー・エルナ(V)、TONY ROMBOLAトニー・ロンボラ(G)、ROBBY MERRILLロビー・メリル(B)、SHANNON LARKINシャノン・ラーキン(D)ボストン出身の4人組。1994年に解散したストリップ・マインドのドラマーであったサリー・エルナが旧友と共にバンド活動を行い、幾度にもわたるメンバー変遷を経てゴッドスマックは形成される。 自主制作で作られたアルバム『ゴッドスマック』を地元のCDショップにおいて販売を開始した所大反響を受け、ローカル規模ながら着実にその基盤を築いていくのだが、その同じ頃、元エクストリームのポール・ギアリーが彼らに目を止め、彼が運営するマネージメントと契約、その後ユニバーサル傘下のリパブリック・レーベルとの契約が成立、1998年にメジャー・デビュー・アルバム『ゴッドスマック』を発表。最終的にこのアルバムは全米のみで300万枚を越すセールスを記録しているのだが、これは瞬間的にセールスを記録したのではなく、発表後チャートから姿を消す事なく売り上げを伸ばして行った、というとてつもない強度を持って積み重ねてきたものである。オジー・オズボーン主宰による《オズフェスト》への参加、1999年の《ウッドストック'99》などに出演し、その圧倒的なステージングで人気を爆発させている。フロントマンのサリーのカリスマ性も巨大化しつづける。まだチャートにファースト・アルバムが居座り続ける2000年10月、早くもセカンド・アルバムである『アウェイク』を発表、ここからのシングル「アウェイク」がヒットを飛ばし、数々のフェスティヴァル(《タトゥー・ジ・アース》など)に出演し、完璧なまでに全米での地位を確立する。2002年、映画スコーピオン・キングのサントラでリード・トラック「アイ・スタンド・アローン」が大ヒットし、その流れで2003年4月に3rd アルバム『フェイスレス』をリリース。全米トータル・アルバム・セールスは1000万枚を超え、いまや超モンスター級のバンドとして君臨している。