宮田大 - チェロ一會集 ~ Rencontre ~
宮田大 - チェロ一會集 ~ Rencontre ~
  • 宮田大 - チェロ一會集 ~ Rencontre ~
  • 宮田大 - チェロ一會集 ~ Rencontre ~

チェロ一會集 ~ Rencontre ~ 【SA-CD】

RENCONTRE

宮田大

限 定 特 典 ボーナストラック 廃 盤 日本語字幕 解 説 歌 詞 対 訳
さらなる飛翔を遂げ、新たなる境地へ!
  • フォーマット:SA-CD
  • 品番:NF-65502
  • 組み枚数:1
  • レーベル:fine NF
  • 発売元:ユニバーサルミュージック合同会社
  • 発売国:日本
  • 録音年:2014年4月22日,23日,25日
  • 録音場所:三鷹市芸術文化センター「風のホール」
  • パーソネル:ジュリアン・ジェルネ(ピアノ)
  • 演奏者:宮田 大 (チェロ) [ 使用チェロ:Paolo Antonio Testore 1746(故 齋藤秀雄 所蔵) ]
発売日: 2014.12.19
価格(税込) オープン・プライス
在庫情報は購入先にてご確認ください。

商品紹介

大きな話題を呼んだ第1弾「宮田 大・ファースト」から3年ぶりとなるセカンド・アルバム。長年にわたり演奏会で弾き込んできた曲ばかりを、三鷹の芸術文化センター「風のホール」で収録しました。ベルギー出身でパリ音楽院で学んだピアニストのジュリアン・ジェルネと、ニースで出会い意気投合したこともあり、フランスやベルギーの作品を柱とした選曲です。冒頭のフランクのソナタは、ヴァイオリン・ソナタとしてイザイに献呈されたもの。もともとはチェロのためにかかれたと言われ、数多くのチェリストが演奏していますが、宮田の演奏はスケールの大きさと細やかさの両面で際立っています。ラヴェルの「亡き王女のためのパバーヌ」とフォーレの「エレジー」のあと、特に海外で反響のある黛敏郎のBUNRAKUと、尾高尚忠(1911‐1951)の「夜曲」の2曲の日本の作品を収録。宮田はBUNRAKUを大変気にいっており、10年ほど前から度々演奏しています。実際に舞台に何度も足を運び、文楽人形遣い三世、桐竹勘十郎師と知己を得ました。ちなみにCDの題字は勘十郎師の直筆の書です。「夜曲」は、作曲と指揮で活躍した尾高尚忠が、倉田高(1913-1945)のために書いた作品。2人は義理の兄弟ですが、共に夭逝したのが惜しまれます。倉田高は宮田の師である倉田澄子の父上です。
注: SA-CD対応プレーヤー専用ディスクです。通常のCDプレーヤーで再生することはできません。

    曲目

  • 1 フランク:  チェロ・ソナタ イ長調
    モノラル
    試聴
    視聴
    iTunes
    ボーナストラック
    着うた
    フル
    コール
  • 2 ラヴェル:  亡き王女のためのパヴァーヌ
    モノラル
    試聴
    視聴
    iTunes
    ボーナストラック
    着うた
    フル
    コール
  • 3 フォーレ:  エレジー Op.24
    モノラル
    試聴
    視聴
    iTunes
    ボーナストラック
    着うた
    フル
    コール
  • 4 黛 敏郎:  BUNRAKU チェロ独奏のための (1960年)
    モノラル
    試聴
    視聴
    iTunes
    ボーナストラック
    着うた
    フル
    コール
  • 5 尾高尚忠:  夜曲 (1942年)
    モノラル
    試聴
    視聴
    iTunes
    ボーナストラック
    着うた
    フル
    コール