BIOGRAPHY

Daddy Yankee


Dk _a1ラテン・ミュージック・シーンを中心としたエンタティメントの世界の中で、15年以上も安定した成長を続けてきたDaddy Yankeeは、今や最もリスペクトを受け、影響力の強いレゲトンのアーティストとなった。

Yankeeの細部まで作り込まれた歌詞と、フリースタイルの才能によって、彼のメッセージは大勢の人々の元に届けられることになった。たとえそれが彼の意図したことではなかったとしても、だ。プエルトリコの日常的な文化の中に潜む、恋愛や友情関係への思いを綴った彼の作品は、クラブ・シーンに定着したレゲトンのクラシック的な存在だ。

彼の集中力と、急成長は注目を集めるところとなり、NASとのコラボレーション (二人は "The Profecy" を一緒にレコーディングした) や、ミックステープの伝説、そして有名DJであるTony Touch と一緒にアルバム "The Peace Maker" で共演するなどの機会をもたらした。Terror Squad のビデオ "100%パーセント" にカメオ出演もし、"One Tough Cop" のサントラには彼のトラック "Posicion" が含まれもした。

ラテン・ミュージック・シーンにおける彼の成功と人気は、そのレコード売り上げが如実に物語っている。彼のアルバム "El Cartel de Yankee"、"El Cartel de Yankee II"、"El Cangri.com"、"Los Home-Runes" はすべてプラチナ・アルバムになっている。"El Cangri.com" は、2002年、彼の故郷であり、ラテン・ミュージックの主要マーケットであるプエルトリコで、最も多く売れたアルバムだった。

2003年は、Yankeeにとって重要な転機となった年のひとつだった。"Los Home-Runes" が記録破りのセールスを達成したあと、彼がずっと夢見ていたことのひとつが叶ったのだ。それは、プエルトリコの伝統的なロベルト・クレメンテ・コロッシアムで、満員の観客 (12,000人強) とともに踊りまくったイベントだった。彼の並はずれたフリー・スタイリングの才能、そしてエネルギッシュなステージ・パフォーマンスによって、ファンは熱狂し、マスコミはそれを絶賛した。"Ahora Le Toca Al Cangri" と題されたこのショーは、Yankeeの歌手生活にとって最も重要な舞台となり、レゲトン・ミュージックにとっても歴史的なイベントとなった。

ファンの熱いサポートを受け、上昇中のアーティストたちと将来のビジョンを共有したいと強く願った彼は、"El Cangri's Inc." を設立、また "El Cartel Records" を創設し、リード・プロデューサーとして活動を開始した。

現在、Yankee はラテン・アメリカと米国をツアー中で、各地で何千人ものファンの声援に応えている。中でも最近、コロンビアでは60,000人もの熱狂的ファンの前でステージを行った。アーティストとしての仕事に情熱を燃やし、すべてを捧げている彼は、すでに70枚以上のレゲトンのアルバムにおいて、130トラック以上もの曲に参加したことになる。

そして2004年7月、いよいよBarrio Finoが発売された。レゲトン・ミュージック・ファン待望のアルバムだ。子供の頃から、一貫したサルサ・ファンだった彼は、このアルバムでプエルトリコの伝説的なサルサ・シンガーの一人 Andy Montanez と、"Melao" という曲で共演を果たした。そればかりではなく、このアルバムは彼の今までの作品の中でも、断然、完成度の高い作品に仕上がっている。Barrio Finoで彼が狙ったのは、レゲトン・ミュージック・シーンにおける自分の地位を維持し続けるということだけではなく、このジャンルを広く紹介し、競合するアングロ・マーケットにクロスオーバーして行くことだったのである。

 
 
 

Daddy Yankee 着うた・着うたフル

着うた®、着うたフル®のダウンロードはこちら

QR code linking to http://recochoku.jp/artist/30001891/