NEWS

TOPICS

2002年のニュース

■ボックス・セットをリリース
 クランベ リーズのボックス・セット『Treasure Box : The Complete Sessions 1991-1999』が、アメリカで5月14日にリリースされます。(日本盤は今のところ発売未定。)このボックス・セットには、デジタル・リマスターが 施された、彼らの最初の4枚のアルバムを収録。各アルバムには、シングルB面曲やリミックス曲など、ボーナス・トラックが何曲かずつ追加収録される予定で す。
2002/04/23更新

■社会的な意識の高さは普遍です!
  クランベリーズの象徴、ドロレス・オリオーダン、アリ・ヘウソン(チェルノブイリ・チャリティ・プロジェクトのパトロン)とアディ・ローチェ (Executive Director of the Chernobyl Children's Project)の3人は、クランベリーズが『ウェイク・アップ・アンド・スメル・ザ・コーヒー』からのセカンド・シングル、「タイム・イズ・ティッキン グ・アウト」の全世界のセールス収益を全てチェルノブイリ・チャリティ・プロジェクトに献金することを決定したことをダブリンのクラレンス・ホテルにて正 式発表した。
ドロレスはチェルノブイリ・チャリティ・プロジェクトのパトロンであるアリ・ヘウソンと話をした際に心を動かされ、「タイム・イズ・ティッキング・アウ ト」を書き上げたのだそうだ。昨年、二人目の子供を出産したドロレスはチェルノブイリで続いている子供達への惨劇を知り、何かしなければいけないという思 いに駆り立てられこの曲を書いた。彼女はこの曲のインスピレーションは子供達だ、とも語っている。母親になったドロレスの取り上げるテーマ、世に喚起すべ きことが何なのか明確に表現された力強いメッセージ・ソングなのである。
アディ・ローチェはクランベリーズの「タイム・イズ・ティッキング・アウト」はこのチェルノブイリの現状を的確に表しているタイトルだと付け加える。 1986年の原発事故以来ずっと低放射能にさらされ続けられ、子供たちは様々な病気に苦しんでいるのだ。1991年にアイルランドで設立されたこのプロ ジェクトは現在迄に2000万ドルを越える支援をチェルノブイリ地域に行っている。アディはクランベリーズの決定に感動しており、「命より大切なものは無 いのです」と言うコメントを感謝の意と共に表している。
2002/04/09更新

■5月の全米ツアーの日程を発表
 現在ヨーロッパ・ツアーを行なっているクランベリーズが、5月の全米ツアーの日程を下記の通り発表しました。なお彼らはこの全米ツアー終了後、6月からニュー・アルバムの制作に入る予定になっています。
5/10 - Montreal, CANADA @ Molson Centre
5/11 - Toronto, CANADA @Massey Hall
5/13 - Philadelphia, PA @Tower Theatre
5/14 - Boston, MA @Fleet Center
5/16 - Wallingford, PA @Oakdale Theatre
5/18 - New York, NY @Hammerstein Ballroom
5/30 - Atlanta, GA @Chastain Park

2002/03/06更新

■『Irish Music Awards』の授賞式にクランベリーズなどが出演
 3月4日、アイルランドのダブリンにあるポイント・シアターで開催される『The Meteor Irish Music Awards』の授賞式で、彼らが揃ってパフォーマンスを披露することになりました。
(出演アーティスト:エンリケ・イグレシアス、ガブリエル、クランベリーズ、ローナン・キーティング、ライトハウス・ファミリー、サマンサ・マンバ)

2002/02/20更新

■ニュー・シングルの収益金をチェルノブイリの子供救済基金に寄付

  先頃、アイルランドのダブリンで開催された、『チェルノブイリの子供達を救済する基金』のチャリティ・セレモニーに出席したクランベリーズのドロレス・オ リオーダンが、UKでのニュー・シングル「タイムズ・ティッキング・アウト」の収益金をこのチャリティ組織に寄付すると発表しました。このチャリティ組織 は、U2のボノの奥様Ali Hewsonが後援者となって活動しているものです。この件に関してドロレスは、次のように発表しました。「この曲は、私が2人目の子供を出産した直後、 チェルノブイリの被害を受けた子供達の写真を見て、それに影響されて書いた曲です。子供達の写真を見て、私の心は揺れ動き、涙が溢れました。世界中の人々 にも、窮地にいる子供達の状況を知ってほしいのです。そして今、その被害は次の世代の子供達にも受け継がれようとしています。特に事故当時6歳以下だった 人々の子供に大きな影響が出ているのです」。
2002/02/13更新

■ワールド・ツアーの皮切りとなるヨーロッパの日程を発表
 2月中旬から、最新アルバム『ウェイク・アップ・アンド・スメル・ザ・コーヒー』に伴うワールド・ツアーを、 ヨーロッパからスタートするクランベリーズ。このツアーについてドロレス・オリオーダンは、「ワールド・ツアーをコペンハーゲンからスタートできること に、私達はとてもエキサイトしています。というのもコペンハーゲンは、今までバンドとして訪れたことがない街だからです。今回のツアーでは、南米やアジア など今までに訪れたことがない多くの国々に行きたいと考えています」とコメントしました。現在発表されているヨーロッパ・ツアーの日程は以下の通りです。
2/17 - Copenhagen, DENMARK @Vega
2/19 - Stockholm, SWEDEN @Arena
2/21 - Berlin, GERMANY @Columbiahalle
2/22 - Dusseldorf, GERMANY @Philipshalle
2/24 - Vienna, AUSTRIA @Bank Austria Halle
2/26 - Geneva, SWITZERLAND @Geneva Arena
2/27 - Zurich, SWITZERLAND @Hallenstadion
3/10 - Bologna, ITALY @Palamalaguti
3/11 - Toulon, FRANCE @Zenith
3/13 - Madrid, SPAIN @Palacio Vista Alegre
3/15 - Barcelona, SPAIN @Palau Sant Jordi
3/16 - San Sebastian, SPAIN @Velodromo
3/18 - Lille, FRANCE @Le Zenith
3/28 - Brussels, BELGIUM @Forest Nationale
3/29 - Amsterdam, NETHERLANDS @Heineken Music Hall
3/31 - Frankfurt, GERMANY @Jahrhunderthalle
4/2 - Amneville, FRANCE @Galaxie
4/3 - Stuttgart, GERMANY @Liederhalle Beethovensaal
4/5 - Milan, ITALY @Fila Forum
4/6 - Lyon, FRANCE @Halle Tony Garnier
4/8 - Paris, FRANCE @Bercy
4/9 - Bourges, FRANCE @Festival
4/19 - Oslo, NORWAY @Rockefeller Music Hall
4/21 - Hamburg, GERMANY @Sporthalle
4/23 - Prague, CZECH @Arena
4/25 - Katowice, POLAND @Spodek
4/27 - Munich, GERMANY @Kuntspark
4/29 - Montpellier, FRANCE @Zenith
 このワールド・ツアーはヨーロッパの後、全米ツアーへと続く予定です。
2002/01/23更新

NEWS一覧に戻る