BIOGRAPHY




カウント・ベイシー / COUNT BASIE






1904年?1984年、ニュージャージー州生まれ。

スウィング・ジャズの全盛期からビッグ・バンドをはじめ常にトップとして活躍し続けたジャズ・ジャイアント。ベイシー自身のピアノからモダンなアレンジのビッグ・バンドまで全世界のジャズ・ファンより愛されていた。1950年代までのデッカ黄金時代から1951年以降のVerveに残した「ニュー・ベイシー・バンド」といわれる若いミュージシャン、アレンジャーを起用したビッグ・バンド・サウンドは好評を博した。1958年以降にはニール・ヘフティ、クインシー・ジョンーンズといった名アレンジャーを起用し、常に新しいサウンドを追求していった。また、フランク・シナトラ、トニー・ベネット、サミー・デイヴィスJr.、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン等のトップ歌手とも共演を果たし名盤を残している。ベイシーのサウンドは日本でも数多くのファンに支持され、とくに学生ビッグ・バンドからは現在でもお手本とされている。代表作に「エイプリル・イン・パリ」、「ベイシー・イン・ロンドン」、「カンサス・シティ・セヴン」、「ストレート・アヘッド」他。

 
 
 

DOWNLOAD

Itunesで購入

☆ハイレゾ配信

Logo -e -onkyo

Moraで購入

☆ストリーミング
Spotify _b