BIOGRAPHY

C.J. LEWIS / C.J.ルイス


Bio ロンドンに生まれ、14才でDJを始める。16才の時ジャマイカへ渡り、パフォーマーとしての活動を開始。本場キングストンでパフォーマーとしての磨きをかけた彼はロンドンに戻り、本格的に音楽活動を開始。インディでTOP10ヒットを連発させた後にメジャーMCAと契約、94年4月に「スウィーツ・フォー・マイ・スィート」をリリース、全英ポップ・シングルで#3を記録して一躍注目を浴びる。同年6月「エヴリシング・イズ・オールライト(アップタイト)」をリリース。同年8月に発表されたデビュー・アルバム『ダラーズ』からは更に「ベスト・オブ・マイ・ラヴ」、「ダラーズ」といったシングル・ヒットも生まれ、世界的なヒット・アルバムとなった。95年2月には初来日公演を行い各会場ともソールド・アウト、同年8月には2ndアルバム『ラフ・アンド・スムーズ』を発表、タイトル曲と「R 2 The A」が大ヒット。96年夏の3rdアルバム『フィール・マイ・ヴァイヴ』からは「ラスト・ナイト」や「ホワッツ・ハプニング」がヒット。97年3月には初のベスト・アルバム『パスト、プレゼント&フューチャー』をリリース、4thアルバム『2010 A.D.』もヒット。その後ロンドンからアメリカのヴァージニアに拠点を移したCJは、元ブラックストリートのリーヴァイ・リトルとタッグを組み、98年に5thアルバム『ジャスト・ザ・ウェイ』を発表、広瀬香美をフィーチャーした「Everything's Alright(夏はオーライ!)」は日本全国でヘヴィ・プレイされ、"98年夏のテーマ・ソング"ともいえる大ヒットとなった。99年発表の6thアルバム『カム&ゲット・イット』からはクール&ザ・ギャングのカヴァー「セレブレーション」がヒット。その後アトランタに拠点を移したCJはエイコン率いるコンヴィクト・レコードやレッドワンと共にタミー・チンのアルバム制作に関わるなど、約10年に渡ってスタジオ・ワークに専念。2008年、『リローデッド』で約10年振りにアーティストとしてシーンに復活。同年にカヴァーしたGReeeeNの「キセキ」は20万ダウンロードのヒットを記録した。

 
 
 

MOVIE

YouTubeにて 「GENIE」 視聴開始!

 
 

C.J. LEWIS 着うた・着うたフル

着うた®、着うたフル®のダウンロードはこちら

QR code linking to http://recochoku.jp/artist/20001705/