BIOGRAPHY

▽結成
1970年のアメリカコンサートツアーで、大阪のセミプロフォークグループ「ロック・キャンディース」のリーダーだった桃山学院大学出身の谷村と、東京のソウルバンド、「ブラウン・ライス」のゲストドラマーだった矢沢が知り合い意気投合した。
二人は帰国したらプロとして一緒にグループを組もうと約束する。

帰国後谷村は、同じ神戸の音楽サークル、ポート・ジュビリーで知り合いだった、アマチュアロックバンド、「フーリッシュ・ブラザーズ・フット」のボーカルで京都産業大学出身の堀内をグループに誘った。

1971年12月25日に谷村と堀内で西心斎橋四丁目にある大阪帝国ホテルの一室にて、矢沢が合流することを前提に「アリス」を結成。

1972年3月5日、シングル「走っておいで恋人よ」でデビュー。

同年5月5日、矢沢が合流し、3人のアリスになった。

1974年には年間303ステージという前人未踏の記録が残っている。

ツアーの成果と、谷村のMBS「ヤングタウン」や「セイ!ヤング」のDJ、関西カレッジフォーク界で有名だった立命館大学と同志社大学のOB三人組ウッディー・ウーの「今はもうだれも」カバーヒットを契機に、オリジナル楽曲「帰らざる日々」「冬の稲妻」「涙の誓い」「ジョニーの子守唄」「チャンピオン」「秋止符」「狂った果実」等、数々のヒット曲を連発した。

1978年、日本人アーティストとして初めて日本武道館3日間公演を成功させる。

日本武道館ではその後活動停止まで何回も公演し、他に後楽園球場、大阪球場、横浜スタジアム、といった当時の野球場や、東京厚生年金会館大ホール、大阪フェスティバルホールといった全国の主だった音楽ホールなどを軒並みに満員にするほど、アリスは多数のファンを獲得していった。

1979年から、谷村の提唱で音楽ファンのための音楽ホール「シアター・フレンズ」建設を合言葉に募金運動「ハンド・イン・ハンド」を、小室等、南こうせつ、井上陽水らとコンサート会場で始めるが、諸般の事情で挫折。ヒット曲となった「美しき絆~Hand in Hand~」と、当記録映画「ALICE THE MOVIE 美しき絆」(東宝製作・坪島孝監督)が公開された。

▽活動停止
谷村と堀内のソロ活動活発化とともに1981年5月21日にアリスの活動停止を記者発表。

北京・香港・バンコクの海外ツアーを含む全国ツアー後、1981年11月7日の後楽園球場のコンサート「アリス・ファイナル」にて活動停止。

▽再始動
1987年アルバム「ALICE X」シングル「BURAI」を発表

2000年1月17日 神戸での阪神淡路大震災追悼コンサート開催

同年8月にアリス(Alice)名義からALICE名義に変更されて再結成が記者発表され、同年12月31日の第51回NHK紅白歌合戦出場

2001年には1月17日の神戸国際会館でのコンサートを皮切りにアルバムALICE 0001発表

夏から秋にかけて全国ツアーも行われ、日本武道館が再び満員になった

2005年12月31日の第56回NHK紅白歌合戦出場

2008年3月19日発売の谷村のリクエストライブアルバム「音帰し(おんがえし)」に「明日への讃歌」が収録され、堀内と矢沢もレコーディングに参加したことがきっかけで、還暦を迎えるメンバーに再始動の想いが芽生える

2009年3月4日に上野文化会館大ホールで記者会見

同年7月から11月にかけて「ALICE LIVE ALIVE 2009 ~I’m home~」全国ツアーを慣行

2010年2月28日 東京ドームにて「ALICE in TOKYODOME」開催

2012年 再始動、26年振りとなるオリジナルアルバム「ALICE XI」の制作を発表

2013年 4月10日「ALICE XI」リリース。

同年5月5日から「ALICE CONCERT TOUR 2013~It’saTime~」と題した全国47都道府県ツアーを展開。

メンバー全員が64歳を迎え、11月2日の日本武道館FINALにて全64公演(追加公演含む)を完走した。