BIOGRAPHY

AIアーティスト写真
L.A 生まれ。鹿児島育ち。ゴスペルワイアーで鍛えた本格的な歌唱力。完璧な英語バイリンガルでラップもこなせるストリート感覚。L.A.アート・スクールで学んだダンス・センス。ソウル、R&B、ヒップホップ、ダンスと全要素を横断する “QUEEN OF HIP HOP SOUL”シンガー、それがAI。
デビュー10周年を経て自身のセカンド・フェーズの幕開けとなった2012 年。レーベル移籍を果たし発表したニューアルバムは「INDEPENDENT」。通算9枚目となるオリジナル・アルバムで、日米サウンド・クリエーター陣と共に自身が追い求めたチャレンジを散りばめ、唯一無二のスタイルを確立、オリコン初登場2 位 (AIのオリジナル・アルバムとしては自己最高位タイ)、そして初となるiTunes 総合アルバムチャート1位を獲得。10万枚を超えるヒットアルバムとなった。 さらに“君が笑えばすべてが良くなる”と、アルバムに先駆けAIが発信したリード・シングル「ハピネス」は、そのポジティブな歌詞と親しみやすいメロディーで大きな話題と共感を呼び、2011~2012年を代表する大ロング・ヒットソングに。レコード協会よりプラチナ認定を受けた後、現在は250万ダウンロードを突破しダブルミリオン楽曲にまで至る。
「夢はグラミー賞」と公言する日本を代表するシンガーAIの快進撃は、いよいよアジアから世界へと展開。コカ・コーラに続き同じくグローバル・ターゲット・ブランドであるLEXUSが初のアーティスト・コラボレーションで話題となった新シリーズNew RXのTV-CMソングは、日本を皮切りに中近東9カ国でのCM がオンエア。グローバル展開地域拡大する中、デジタル・シングル「Beautiful Life」も各国で配信。こうした活動を受けて日本国内はもとより他国アーティストからもコラボレーション・オファーが舞い込んでいる。
ちなみに「ハピネス」は、日本コカ・コーラ社初となる同一曲での2年連続キャンペーン展開の実現。2年目は大好評を博した本人登場CMで、“新たなる冬の定番曲”のポジションを決定づけた。この流れを追い風に、クリスマス・タイミングには自身初となる全国ディナーショーを敢行。本場USから連れてきたバンド&クワイアー(聖歌隊)の14人編成で7都市11公演に及ぶステージを行い、そのアーティスト活動の新たなる可能性を全国に印象付けた。
そして“AI”による“愛”をテーマとした2013年の新展開、いよいよスタート! 夏の新作アルバム・リリースに向けた第一弾、湊かなえ原作のヒューマン・サスペンス・ドラマ「夜行観覧車」の主題歌として発表したシングル「VOICE」では、これまでのポジティブでハッピーな側面とは真逆な、“もう一つの愛の形”を表現。陰と陽で対をなす“AIならではの愛”を歌いあげ、ドラマの評判、メッセージ性の強いミューシジック・ビデオで強烈なインパクトを世間に訴えかけた結果、35万DLを超えるヒットとなりレコチョク・着うた(R)2月度月間チャート1位を獲得。またクボタ企業TV-CMイメージソングとして書き下ろしたカップリングの「FOR YOU」では “人が人を想う” 情景を見事に描き、AIならではの優しさに満ち溢れたミディアム曲で見事なCM映像とのマッチングも話題になっている。
続く第二弾リリースとなる新曲「ママへ」では、ロッテがチョコレートの販売を始めて50周年となるこのメモリアルイヤーの大キャンペーン展開に寄り添うカタチでタイアップ。普段感じていても伝えきれない母親への感謝の想いを、涙なくして歌えない愛情溢れる感動の楽曲に乗せて届けている。
2013年7月には、期待のR&Bアーティスト陣とのコラボ楽曲や大型タイアップ楽曲満載の10枚目アルバム「MORIAGARO」を発売し、iTunesで初登場1位を獲得。KFCブランドイメージソングとして放たれた「sogood」はKFCを愛してやまないAIだからこそ描けた気持ちの“アガル”楽曲、「After The Storm feat. シェネル」では邦・洋楽の壁を超えた美しきデュエットを披露するなど、聴けば思わす踊り出すダンスチューンから笑顔で泣けるハートフルトラックまで、バリエーション溢れる全12曲を収録。そして10月からはいよいよ全国33公演「MORIAGARO」TOURがスタート、年内いっぱいは全国を“盛り上げます”!