Artist: アフロジャック")
Label: UNIVERSAL INTERNATIONAL

Biography

アフロジャック

Afrojack -aグラミー賞に輝くプロデューサー/DJのアフロジャックは、今日のエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)界で、最も名前の知られた象徴的な人物の一人だ。若干26歳にして音楽業界に大きなインパクトを与えてきた彼は、EDMの世界的な人気爆発の鍵を握っている。2013年にはフォーブズ誌の「DJ年収ランキング」で第7位に選出され、今年はハリウッド・リポーターに「グローバルなアイコン」が「世界を征服」し始めたと形容された。そんな才能あふれるプロデューサーでアーティストのアフロジャックのサウンドは、多種多様でクリエイティブだ。クラブ・ヒットを生みだそうが、ビヨンセ、ピットブル、マドンナらのプロデュースやリミックスを手がけようがそれは変わらない。アフロジャックが得意としているのは、ジャンル間をシフトしながら己のサウンドを楽しむことで、なぜ彼のスキルが世界中で引っ張りだこなのか、その理由を知るのは簡単なことだ。

始まりは故郷のスパイケニッセだった。ニック・ヴァン・デ・ウォール / Nick van de Wall(akaアフロジャック)は、おびただしい数の勢力的なアンダーグラウンド・リリースで瞬く間に名を上げ、2011年には“テイク・オーヴァー・コントロール / Take Over Control”をリリースして音楽シーンで人気を爆発させた。このシングルはあっという間に世界中のクラブやチャートでヒットを記録し、USではプラチナムへ達した。そしてアフロジャックは自身のレーベル、Wall Recordingsを通じて、プロダクションの世界に己の印を刻んで行くことに取りかかった。情熱にあふれた他のEDMアーティストたちにとっても、そこは成長できるプラットフォームだった。彼はレーベルを“クラブ・ミュージック”ブランドとして、己の全リリースのために力を尽くせる場として、保持していきたいと考えていた。また、2011年は画期的な契約を果たした年でもあった。ラスヴェガスの伝説的なウィン・ホテルでレジデントDJとして契約した初のDJの一人となったのだ。アフロジャックは一年間に十二回以上のパフォーマンスをウィン・ホテルのクラブで行った。場所はアンコール・ビーチ・クラブ、サレンダー、トリスト、XSなどだった。

そこからサクセスは続いた。クラブ・ヒットの制作やデヴィッド・ゲッタ(世界中で大ヒットした“タイタニウム / Titanium”を共作)らとのコラボレーションのみならず、マドンナやクリス・ブラウンなど世界のトップスターたちと肩を組んでソングライティングを行うようになった。2011年、ピットブル& NE-YOと“ギヴ・ミー・エヴリシング / Give Me Everything”を制作。この楽曲は今日までに世界中で800万枚を売り上げ、USビルボードのHot 100で第1位を獲得している。しかもそれだけでなく、ビヨンセの“ラン・ザ・ワールド / Run The World(Girls)”や、レオナ・ルイスのグラミー賞にノミネートされた“コライド / Collide”のリミックスもあり、さらに自身のアンダーグラウンド・トラック“ロック・ザ・ハウス / Rock The House”に至っては、わずか三日で世界最大級のダンス・ミュージック配信サイト「Beatport」 のダンス・ミュージック・チャートのトップに躍り出ている。同年、”エレクトリック・デイジー・カーニヴァル / Electric Daisy Carnival”ではNYとラスヴェガスの両方で30万人を前にヘッドラインを務め、さらにマイアミの”ウルトラ・ミュージック・フェスティヴァル / Ultra Music Festival”、ベルギーの”トゥモローランド  / Tomorrwland”、LAの”コーチェラ / Coachella”、米国の40都市をまわった“ジャックド / Jacked”ツアーなど、その勢いは2012年も続いた。

2013年はアフロジャックにとって記念すべきスタートとなった。ワールドワイドな独占契約をアイランド・デフ・ジャム/アイランドUK/ユニバーサル ミュージック グループと結んだのだ。彼の才能が認められ、世界的に知られた音楽レーベルのサポートを受けられるようになった。この協力関係から生まれた最初のプロジェクトが“ザ・スパーク / The Spark”だ。これはEDMとポップが融合したシングル曲で、アーティストとしてのアフロジャックの新たなサウンドを表現したものとなった。その年はまた別の大きな出来事もあった。4年連続で”クリームフィールズ / Creamfields”、 ”ウルトラ・ミュージック・フェスティヴァル / Ultra Music Festival”、”トゥモローワールド / Tomorrowworld”に出演し、さらに自身のWall Recordingsのアーティストたちを連れて“ジャックド / Jacked”ツアーを開始。また時間を見つけてドキュメンタリー・シリーズ“March of the Afrojack”を撮影し、アフロジャックという芸名に隠されたリアルな人物像をファンに伝えた。このシリーズはローリング・ストーン誌のウェブサイトで公開され、ニックに戻った彼の、ツアーでのプライベートな時間や思考をシェアすることができる。そこには「自分にできるなら、あなたにもできるはず」という彼の信条がある。

同2013年の後半には、NYのナスダック株式市場で、クロージングベルを鳴らした初のDJとなり、歴史にその名を刻んだ。エレクトロニック・ダンス・カンパニーのSFXエンタテインメントの株式公開が理由だった。また同じ週には、ハリウッドの”ウォーク・オブ・フェイム”(名声の歩道)に手形を残し、DJとしては二人目のこの快挙のおかげで、グローバルな音楽のアイコンとして己のポジションを強固なものにした。

今年2014年は、またもや記念すべき年になりそうだ。シングル“テン・フィート・トール / Ten Feet Tall”のリリース、ラスヴェガスのホットスポット、ハッカサンでの新たなDJレジデントのスタート、そしてアイランド・レコードからデビュー・アルバムのリリースが待っている。春にはマイアミに戻ってUltra Music Festivalのヘッドライナーを務め、この5月に発売予定の待望のアルバムを、忠実なファンたちに真っ先に聴かせてくれることになるだろう。

アフロジャックの計り知れない人気と音楽業界への影響を考えれば、多くのアパレル・ブランドが提携しようと群がってくるのは当然だろう。世界的に有名なファッション・ブランドの“G-Star Raw”と提携し、彼にインスパイアされたデザインをアフロジャックのラインでワールドワイドに売り出した。またゲーミングを率いるRazorからは、新製品の開発のためのブランド・コンサルタントとして名前をあげられた。さらに1月には最新シングル“テン・フィート・トール / Ten Feet Tall”が、スーパーボウルの期間中、バド・ライツの新しいコマーシャルの一部として公開されている。

アフロジャックは、人々の考えに影響を与え、音楽界の新たな変化を擁護するグローバルなブランドを築き上げてきたと認められている。その飛躍的な成長から明白なのは、彼を止めるものは何もないということだ。わずか26歳の若者の、これははじまりに過ぎない……