CD

The Cave of Wondrous Voice/マーク・アーベル:室内楽&声楽作品集 [直輸入盤]

デイヴィッド・シフリン David Shifrin

フォーマットCD
組み枚数1
レーベルDelos
発売元ユニバーサル ミュージック合同会社
発売国USA
録音年2019年9月11&13日(1,8-10)、、2019年10月7&23日(2-7)
録音場所ニューヨーク、マウント・ヴァーノン、Oktaven Audio(1,8-10)ハリウッド、キャピトル・レコーディング・スタジオ(2-7)
演奏者デイヴィッド・シフリン(クラリネット [1,8-10])、キャロル・ローゼンバーガー(ピアノ [1,2-5,8-10])、ヒラ・プリットマン(ソプラノ [2-5])、サラ・ベック(イングリッシュ・ホルン [2-5])、サブリナ=ヴィヴィアン・ヘプカー(ヴァイオリン [6-7])、ドミニク・チェリ(ピアノ [6-7])、フレッド・シェリー(チェロ [8-10])

商品紹介

型にはまらないアメリカ現代作曲家アーベルの作品第5弾

作曲家マーク・アーベルはここ30年ほどカリフォルニアを拠点に活動しています。アーベルの曲作りは歌曲からオーケストラを伴う大きな形式の103分の室内オペラ《Home is a Harbor》まで広範囲にわたり、容易にジャンル分けすることができません。アーベルのDelosからの5枚目のリリースとなる室内楽と声楽作品から成る当盤もジャンルに拘らないアルバムと言えましょう。類希なクラリネット奏者デイヴィッド・シフリンとピアニストのキャロル・ローゼンバーガーによる《直感の踊り》から始まり(この二人が一緒に録音するのは1984年のアルバム以来)、次に注目のヒラ・プリットマンが感動的な《マリーナ・ツヴェターエワの4つの詩》を初めて英訳で歌います。共演はローゼンバーガーとイギリスのホルン奏者サラ・ベック。華麗で忘れがたい《エラスティック・アワーズ》はサブリナ=ヴィヴィアン・ヘプカーとドミニク・チェリにより生き生きと演奏されています。情熱的なクラリネット三重奏曲ではシフリン、ローゼンバーガーがチェロのフレッド・シェリーとともに「Unfoldingu」から「In Good Time」まで、まるで音楽の旅をしているようです。

曲目

[C D]

マーク・アーベル:

1

直感の踊り

マーク・アーベル:マリーナ・ツヴェターエワの4つの詩

2

The Sibyl

3

Two Trees

4

O Sorrow Floods My Eyes!

5

God Bent Under

マーク・アーベル:エラスティック・アワーズ

6

I. What Friday Brought

7

II. Saturday’s Circumference

マーク・アーベル:クラリネット三重奏曲

8

I. The Unfolding

9

II. Taking Flight

10

III. In Good Time

発売日
2020-09-18
価 格
オープン・プライス
品 番
DE-3570

BUY NOW

DOWNLOAD

STREAMING

BUY NOW

DOWNLOAD
STREAMING

BUY NOW

在庫情報は購入先にてご確認ください。

  • http://www.riaj.or.jp/
  • http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?vs=2437167&vp=884334991&va=2669415&vc_url=http%3A%2F%2Frecochoku.jp%2F%3Faffiliate%3D4299010636
  • http://www.universal-music.co.jp/faq/legal/
  • http://www.stopillegaldownload.jp/
  • http://promic.tv/
  • http://www.riaj.or.jp/lmark/