由紀さおり

アニメ「鬼平」(テレビ東京など)主題歌「そして・・生きなさい」 歌謡曲、時代劇、アニメ、ジャズ……。どんな世界に身を置いても独自の輝きを放つ由紀さおりならではの楽曲が好評配信中!! 由紀さおり 明治座特別公演も連日大盛況!!

2017.01.31 TOPICS

由紀さおりの初の座長公演となる「由紀さおり 特別公演」が、2017年1月13日から明治座でスタートした。2月5日まで開催される「由紀さおり 特別公演」には、連日多数のファンが訪れ、大好評となっている。

「由紀さおり 特別公演」は二部構成で、第一部は芝居の「あなたがいれば」。由紀さおりが、未亡人ながら名門料亭の暖簾を守る女将を演じ、笑いあり涙ありの芝居を演じている。明治座ならではの大規模な舞台転換も見どころだ。

第二部は、昭和歌謡ショー「由紀灯りの歌たちよ」。マルシアとベイビー・ブーも迎えてのステージだ。由紀さおりとマルシアによるデュエットでは、ピンク・レディーの「UFO」も。また、男性5人組ヴォーカル・グループのベイビー・ブーは、由紀さおりの歌声を美しいハーモニーで彩っている。音楽家の川口大輔や元東京事変の伊澤一葉など、由紀さおりが演奏に若手ミュージシャンを起用しているのも意欲的だ。また、由紀さおりが2016年にリリースしたテレサ・テンのカヴァー・アルバム「あなたと共に生きてゆく〜由紀さおり テレサ・テンを歌う〜」の収録曲も歌われている。

そんな「由紀さおり 特別公演」も好調な由紀さおりは、1月9日から放映が開始されたアニメ「鬼平」(テレビ東京など)で、主題歌「そして・・生きなさい」を担当している。

「鬼平」の原作は、池波正太郎の小説「鬼平犯科帳」。時代劇をアニメでスタイリッシュに表現している「鬼平」にふさわしく、由紀さおりの「そして・・生きなさい」は、「時代劇」のイメージから大きく離れたジャジーなナンバーだ。由紀さおりは、ジャズ・ヴォーカリストのように艶やかな歌声を聴かせている。由紀さおりの歌は、ときにハリがあり、ときに優しく、1曲の中でもさまざまな表情を見せる。それは、約半世紀に渡って第一線で活躍してきた歌手だからこその歌声だ。

「そして・・生きなさい」の作詞は、数々の大ヒット曲を生みだしてきた荒木とよひさ。そして、作曲とストリングス・アレンジは、アニソンの巨匠である田中公平だ。ふたりの大御所が組んだ作品である。さらに編曲は、2004年の国際コントラバスフェスティバルのJAZZ部門で最優秀賞を受賞した川村竜が担当し、優雅にしてスリリングなジャズ・ナンバーに仕上げている。

1月15日からは「そして・・生きなさい」の配信もスタート。由紀さおりのファンはもちろんのこと、「鬼平犯科帳」のファンやアニメファンも巻きこんで好評だ。歌謡曲、時代劇、アニメ、ジャズ……。どんな世界に身を置いても独自の輝きを放つ由紀さおりならではの楽曲が「そして・・生きなさい」だ。レコチョクやiTunesなどで配信中の「そして・・生きなさい」をぜひチェックしてみよう。

由紀さおり 明治座特別公演 2

由紀さおり 明治座特別公演 1

 

『そして・・生きなさい / 由紀さおり』好評配信中 !

Itunesで購入Btn Recochoku150

由紀さおり そして 生きなさい 配信ジャケット