NEWS

TOPICS

テレビのドキュメンタリーで話題を呼んだニューヨーク・ジャズ・ライヴが遂にCD化!

少女の頃からの50年来の夢が叶った、感動的な一夜のドキュメント。

20130624_yashiro

昨年、演歌歌手としてデビューする前のクラブシンガー時代に思いを馳せ、スタンダード・ナンバーをカヴァーしたジャズ・アルバム『夜のアルバム』が大ヒットを記録。同作品は、日本のみならず、米国を含む世界75ヵ国で配信された。それを受けて、さる3月27日にニューヨークの老舗ジャズクラブ「バードランド」にて一夜限りのスペシャル・ライヴが開催。当日は、現地のトップ・ジャズメンによるバンドとともに息の合ったパフォーマンスを繰り広げ、500名の観客を魅了した。『夜のアルバム』収録曲以外にも、「雨の慕情」や「舟唄」といった代表曲をジャズ・アレンジで披露。さらにステージの終盤には、長年憧れ続けてきた現役最高齢の女性ジャズ歌手ヘレン・メリル(82歳)との共演も実現し、念願のデュエットを披露した。
このライヴの模様は、4月29日にNHK総合にてドキュメンタリー番組「演歌の女王 ジャズを歌う~八代亜紀・ニューヨークでの挑戦~」として放送され、大御所歌手・八代亜紀の新たな挑戦に視聴者から大きな共感が寄せられた。そして、「もっとライヴを聴きたい!」という多数のリクエストに応えて、当日の模様がCD化される運びとなった。
小学5年生のときにジャズと出会いクラブシンガーを志した八代亜紀にとって、本場ニューヨークのジャズクラブでの公演は、まさに50年来の夢が叶った一夜となった。八代亜紀自身も、「少女の頃に夢見ていた米国のジャズクラブでのステージ。憧れのヘレン・メリルとの共演。その二つが同時に叶った、夢のような一夜でした」とコメントしている。ライヴ・アルバムでは、その感動的な"夢の夜"を、ステージの演奏曲順のままに収録し再現する。
尚、八代亜紀は演歌と並行してジャズ・ライヴも精力的に展開しており、9月には世界的にも有名なジャズ・フェスティヴァル「第12回 東京JAZZ」へのゲスト出演も決定している。

●リリース情報
八代亜紀
『夢の夜~ライヴ・イン・ニューヨーク』
2013年8月21日発売
UCCJ-2116 ¥3,150(tax in)
EmArcy/Universal Music

【収録曲】
1. 雨の慕情
2. フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
3. 再会
4. ジャニー・ギター
5. ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー
6. 枯葉with レジーナ・カーター
7. スウェイ with カート・エリング&レジーナ・カーター
8. ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ with ヘレン・メリル
9. 舟唄
10. 別離 (わかれ)

NEWS一覧に戻る