BIOGRAPHY

Winterplay


BioWINTERPLAYは、女性ヴォーカルのヘウォンと、プロデューサー/ソングライターでもあるトランペット奏者ジュハン・リーを中心とする、韓国ジャズ・シーンでいま最も注目されているジャジー・ポップ・ユニット。

2007年11月に結成。韓国で確固たる人気を獲得した後、2009年7月にアルバム『Songs of Colored Love』で日本においてメジャー・デビュー。リード曲となったEGO-WRAPPIN'の名曲「色彩のブルース」の英語カヴァー「Songs of Colored Love~色彩のブルース~」は、iTunes Storeジャズ・チャートのトップソングで見事No.1を獲得!

アルバムが熱い注目を集める中、早くも8月にはPC/モバイル限定のデジタル・シングル「ビリー・ジーン」を発表。マイケル・ジャクソンの大ヒットR&Bナンバーを、WINTERPLAYならではのスタイリッシュでクールなジャズ・アレンジに仕上げ、配信翌日にはiTunes Storeジャズ・チャートのトップソングでNo.1を獲得するなど大きな反響が!

11月の東京・大阪のビルボードライブにて初のワンマン公演を大成功のうちに終え、いよいよ2010年春にはヨーロッパ/アジアでのデビューも決定!

セカンド・アルバムは、7月に韓国で発売されゴールドディスクを獲得したアルバム『Hot Summerplay』の曲に、新録曲を加えた特別パッケージ盤。「ビリー・ジーン」はじめ、前作以上にWINTERPLAYのポップ・センスが光るナンバーが満載!