NEWS

TOPICS

2005年のニュース

■米『2005 American Music Awards』受賞報告
 11月22日にロサンゼルスのShrine Auditoriumで開催された『第33回 2005 American Music Awards』の授賞式で、ブラック・アイド・ピーズ(2部門)、ウィル・スミス、グウェン・ステファニー、マライア・キャリー、エミネム、50セントが 各賞を受賞しました。まず、授賞式のオープニングで「Don't Forget About Us」のパフォーマンスを行なったマライアは、"SOUL/RHYTHM & BLUES : Favorite Female Artist"を受賞。スピーチでは、「温情と愛情に感謝します」とコメントしました。また、Pharrellとの共演で「Can I Have It Like That」のパフォーマンスを行なった直後に"POP/ROCK : Favorite Female Artist"の受賞者に選ばれたグウェンは、半ばパニック状態で、「私はどの賞を受賞したの? ま、どの賞だったとしても、とにかくファンに感謝したい わ。特に、私の女の子達すべてに。ここ数年、みんなから支持された私がどんな感じか想像してみて。最高に素晴らしいわよ」とスピーチしたのだそうです。ち なみに受賞者は、2万人の一般投票により決定しました。
 なお、授賞式では他に、リンジー・ローハンが「ブロークン・ハート」、シェリル・クロウが「グッド・イズ・グッド」、オール・アメリカン・リジェクツが 「ダーティー・リトル・シークレット」のパフォーマンスを披露。アシャンティが"POP/ROCK : Favorite Female Artist"のプレゼンターを務めました。この模様は、ABCテレビを通じて全米に生中継されています。
 各アーティストの受賞部門は以下の通りです。
<ブラック・アイド・ピーズ>
POP/ROCK : Favorite Band, Duo Or Group
RAP/HIP-HOP : Favorite Band, Duo Or Group
<ウィル・スミス>
POP/ROCK : Favorite Male Artist
<グウェン・ステファニー>
POP/ROCK : Favorite Female Artist
<マライア・キャリー>
SOUL/RHYTHM & BLUES : Favorite Female Artist
<エミネム>
RAP/HIP-HOP : Favorite Male Artist
<50セント>
RAP/HIP-HOP : Favorite Album(『ザ・マッサカー~殺戮の日。』)

2005/11/24更新



■第33回アメリカン・ミュージック・アウォーズにノミネート

 9月20日、Beverly Hills Hotelにて第33回アメリカン・ミュージック・アウォーズのノミネーションが、ベイビーフェイスとリアーナによって発表され、ウィル・スミスがPOP/ROCK Favorite Male Artist部門にノミネートされました。なお、このアウォーズの受賞者は一般投票の結果によって決められ、授賞式は11月22日にロサンゼルスのShrine Auditoriumで開催され、ABCテレビ系で全米に中継されます。
2005/09/22更新



■上半期の全米ダウンロード・ランキングの5位を獲得!
 米USAトゥデイ紙が発表した、今年上半期の全米ダウンロード・ランキングで、ウィル・スミスの「スウィッチ」が5位にランクインしました。
2005/07/15更新



■『ライヴ8』フィラデルフィア会場の総合司会とパフォーマーとして参加
 アフリカの貧困救済を訴えるため、7月2日に世界10都市で同時開催された一大ライヴ・イベント『ライヴ8』。東京公演を皮切りにスタートしたこのフ リー・イベントは、世界各都市で何百万人もの観客によって目撃され、さらに10億人以上が、テレビやインターネットなどの生中継を通じて視聴しました。今 回の目的は、英スコットランドで7月6日から開催されるG8主要国首脳会議(グレンイーグルズ・サミット)に先立ち、アフリカの貧困問題に世界の注目を集 める狙い。中心となった英ロンドンのハイドパークには、20万人以上の観客が集結しました。また、米フィラデルフィアのフィラデルフィア美術館前には 60~80万人が集結し、1マイル(約1.6km)以上の人の波となりました。
 地元フィラデルフィア出身のウィル・スミスはこの日、総合司会も担当。Nelson MandelaのTシャツ姿で、観客達に効果的なメッセージを伝えました。パフォーマンスでは、ジェイダキスとの共演による「The Champ Is Here」や、「Getting' Jiggy Wit It」「Switch」「Summertime」などをメドレーで披露。観客が最も盛り上がったのは、彼が出演していた米テレビ・コメディ番組『The Fresh Prince Of Bel-Air』のテーマ曲を披露した時でした。ショウの中では、バック・ダンサーが撒いたバラの花びらの上をウィルが歩くという演出もありました。
2005/07/06更新



■世界最大級のライヴイベント「LIVE8」世界同時生中継決定!
 世界の貧困撲滅を目的としたライブイベント「LIVE 8」が、CS放送フジテレビ721で、7月2日(土)22時00分から10時間以上にわたり世界同時生中継されます。
2005/06/29更新



■NBAチャンピオンシップ・ファイナルでのパフォーマンスが決定
 NBA(全米バスケットボール・リーグ)のチャンピオンシップ・ファイナルに向け、最初の3試合のパフォーマンス・ラインナップが発表され、スティー ヴィー・ワンダー、ブライアン・アダムス、ウィル・スミスのパフォーマンスが決定しました。
 まず、6月9日に開催される第1戦には、ブライアン・アダムスとウィル・スミスが出演。ブライアン・アダムスはハーフタイムショウを、ウィル・スミスは 試合前に「スウィッチ」のパフォーマンスを行なう予定です。また、6月14日に開催される第3戦にはスティーヴィー・ワンダーが出演。彼は試合前に 「ソー・ホワット・ザ・ファス」のパフォーマンスを行なうほか、アメリカ国歌斉唱も行なう予定です。ちなみに、ファイナルは西地区代表チームのSan Antonio Spursと、東地区代表チーム(Detroit PistonsかMiami Heat)によって繰り広げられ、これらの試合の模様はABCテレビを通じてすべて全米に生中継されます。
2005/06/08更新



■世界5ヵ国で開催される大規模コンサート『ライヴ8』に出演
 1985年に英米同時開催された伝説のチャリティ・コンサート『ライヴ・エイド』から20周年に当たる今年、前回以上の規模を持つチャリティ・コンサー ト『ライヴ8(ライヴ・エイト)』の開催が発表されました。5月31日にロンドンのGrosvenor Hotelで行なわれた発表記者会見には、主宰者であるボブ・ゲルドフやミッジ・ユーロと共に、エルトン・ジョンも出席。当日の発表によると、今回の『ラ イヴ8』は、7月2日にロンドン(UK)、フィラデルフィア(アメリカ)、パリ(フランス)、ローマ(イタリア)の計5ヵ国で開催されるもので、すべてフ リー・コンサートとなります。7月6~8日まで、スコットランドのグレンイーグルズでG8主要先進国首脳会議(グレンイーグルズ・サミット)が行なわれま すが、G8加盟国中の5ヵ国で開催されるこのコンサートは、そのサミットに向け、第三世界での貧困問題や貿易不均衡を世界中にアピールする目的を持ってい るということです。
 なお、無料入場チケットの配布方法は国によって異なりますが、ロンドン公演のチケットは、6月6日に登録・抽選が行なわれるそうです。これらのコンサー トの模様は、テレビやラジオ、インターネットなどを通じて、世界各国に生中継される予定です。
 ちなみに、'85年7月13日に英ロンドンのWembley Stadiumと米フィラデルフィアのJFK Stadiumで開催された『ライヴ・エイド』では、アフリカの飢餓救済のため、約4000万ポンド(約79億円)の義援金が集まりました。
<出演ラインナップ> ※5月31日に発表されたもので今後変更される可能性あり
●ロンドン(ハイドパーク)
ボブ・ゲルドフ、エルトン・ジョン、U2、マライア・キャリー、スティング、シザー・シスターズ、ザ・キラーズ、キーン、スノウ・パトロール、レイザーライト、スヌープ・ドッグ、Coldplay、Dido、Annie Lennox、Madonna、Muse、Paul McCartney、Joss Stone、Stereophonics、Robbie Williams、R.E.M.、Velvet Revolver、The Cure
※Spice Girls再結成の可能性もあり
●フィラデルフィア(Museum Of Art/フィラデルフィア美術館)
ウィル・スミス(司会)、スティーヴィー・ワンダー、ボン・ジョヴィ、カイザー・チーフス、50セント、ジェイ・Z、P.ディディー、Maroon 5、The Dave Matthews Band、Sarah McLachlan、Rob Thomas、Keith Urban、Il Divo
●パリ(エッフェル塔)
アンドレア・ボチェッリ、Jamiroquai、Craig David、Youssou N'Dour、Yannick Noah、Calo Gero、Kyo、Placebo、Axelle Red、Johnny Halliday、Manu Chao、Renaud
●ベルリン(ブランデンブルグ門)
A-ha、Crosby, Stills & Nash、Brian Wilson、Lauryn Hill、Bap、Die Toten Hosen、Peter Maffay
●ローマ(Circus Maximus/大円形競技場)
Duran Duran、Faith Hill、Irene Grandi、ジョヴァノッティ、Tim McGraw、Nek、Laura Pasini、Vasco Rossi、ズッケロ
2005/06/01更新



■南アフリカで開催されたMTV系列局の開局記念コンサートに出演
 アフリカでのMTV系列局の開局を記念して、4月20日に南アフリカのヨハネスブルグで開催されたコンサートにウィル・スミスとリュダクリスが出演しま した。このコンサートには他に、アフリカのミュージシャンが多数出演。ウィル・スミスのショウには、南アフリカのダンサー35人と、ドラマー10人も加 わったのだそうです。また、リュダクリスは、今後ナイジェリアで開催される同様のコンサートにも出演する予定になっています。
2005/04/22更新



■ニュー・アルバム『ロスト・アンド・ファウンド』が全米チャート2週連続6位を獲得
 4月23日付のビルボード総合アルバム・チャート(The Billboard 200)で、ウィル・スミスのニュー・アルバム『ロスト・アンド・ファウンド』が前週に引き続き6位を獲得しています。このアルバムは先週約6万枚のセー ルスを記録しています。

■LAのKIIS-FM局主催の恒例フェス『Wango Tango』への出演が決定
 ロサンゼルスのラジオ局KIIS-FMが主催する恒例のフェスティバル『Wango Tango』に、グウェン・ステファニー、ウィル・スミス、ブラック・アイド・ピーズ、リンジー・ローハンが出演することに決定しました。他に Jennifer Lopez、Backstreet Boys、Simple Plan、Ciara、Ryan Cabreraなどが出演するこのフェスティバルは、5月14日にロサンゼルス郊外アナハイムのAngel Stadiumで開催されます。
2005/04/15更新



■ニュー・アルバムが全米チャートで初登場6位を獲得
 4月16日付のビルボード総合アルバム・チャート(The Billboard 200)で、ウィル・スミスのニュー・アルバム『ロスト・アンド・ファウンド』が初登場6位を獲得しました。このアルバムは、リリース第1週に約9万 8000枚のセールスを記録。ウィルは先週、米MTVの『TRL』や米NBCの『The Today Show』など、人気テレビ番組でパフォーマンスを披露しましたが、このプロモーションが今回のチャート・アクションに結び付いたようです。また、このア ルバムからの米ファースト・シングル「スウィッチ」は、同誌"Hot Digital Tracks Chart"で2週連続No.1を獲得しています。
2005/04/08更新



■ニュー・シングル「スウィッチ」がUKチャートで初登場6位を獲得
 3月27日付のUK総合シングル・チャートで、ウィル・スミスのニュー・シングル「スウィッチ」が初登場6位を獲得しました。このシングルは、日本で3 月30日にリリースされるニュー・アルバム『ロスト・アンド・ファウンド』(インタースコープ移籍第1弾)からの先行ファースト・シングルとなっていま す。
2005/03/30更新



■インタースコープ移籍第1弾アルバム『ロスト・アンド・ファウンド』3/30発売!
 エンタテインメント界永遠の"フレッシュ・プリンス"=ウィル・スミス。'02年の『ボーン・トゥ・レイン』以来3年ぶり、レーベルもインタースコープ に移籍しての第1弾アルバムが3/30日本発売決定!タイトルは『ロスト・アンド・ファウンド』。"落し物預かり所"という意味を持つこのアルバム・タイ トルには、いまやハリウッド・スターとしてエスタブリッシュされたウィルの"起源"であるヒップホップをいまいちどじっくりと真正面からみつめ直しラッ パーとしての本能を取り戻すという強い意志が込められている。
 ファースト・カットとなる「スウィッチ」が全米で早くも大ヒット中。
2005/03/25更新

NEWS一覧に戻る