ヴィルヘルム・ケンプ - ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
  • ヴィルヘルム・ケンプ - ブラームス:ピアノ協奏曲第1番

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番 【CD】

BRAHMS:KLAVIERKONZERT NO.1

ヴィルヘルム・ケンプ

限 定 特 典 ボーナストラック 廃 盤 日本語字幕 解 説 歌 詞 対 訳
「ケンプ名盤1000」 - 蘇る、正統派ドイツ・ピアノ音楽の真髄
  • フォーマット:CD
  • 品番:POCG-90123
  • 組み枚数:1
  • レーベル:ドイツ・グラモフォン
  • 発売元:ユニバーサルミュージック合同会社
  • 発売国:日本
  • 録音年:1957年5月(作品15)、1957年1月(作品24)
  • 録音場所:ドレスデン(作品15)、ハノーファー(作品24)
  • 指揮者:フランツ・コヴィチュニー(作品15)
  • 演奏者:ヴィルヘルム・ケンプ(ピアノ)
  • 楽団:ドレスデン国立管弦楽団(作品15)
発売日: 1998.03.05
価格(税込) ¥1,028
在庫情報は購入先にてご確認ください。

内容

【ヴィルヘルム・ケンプ名盤1000】
[限定盤 | 全20タイトル | 2016年11月2日 アンコールプレス (初回発売:1998年3月5日)]

蘇る、正統派ドイツ・ピアノ音楽の真髄
バッハからブラームスまで20世紀ピアノ界を代表する巨匠のひとり、ケンプが作り上げた純正ドイツ音楽の遺産の中から厳選した20タイトルをアンコール・プレス。
ドイツ・ピアノ界最大の巨匠のひとり、ヴィルヘルム・ケンプは、バックハウスと共に肥大なるドイツ音楽の求道者でしたが、そのスタイルは対照的で厳しいまでに崇高な精神性を追求したバックハウスに対し、ケンプは人間味溢れる温厚な味わいをその信条としました。またケンプはドイツの親善大使として戦後度々日本を訪れ荒廃した人々の心に音楽の感動を与え、オールド・ファンを中心に未だに根強い人気を誇っています。
ケンプはクーレカンプとのベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタをはじめ戦前からおよそ半世紀の間、ドイツ・グラモフォンに夥しい数の録音を遺しました。中でも戦後のモノラルからステレオへ移行した頃が彼の音楽性を確立した時期であり、今回のシリーズもその時期の演奏を厳選してセレクトいたしました。今シリーズでは、ドイツ音楽の中でもケンプの極め付きとされるバッハ、ベートーヴェン、シューベルト、ブラームスなどの作品20点をラインナップしました。

商品紹介

ケンプが旧東ドイツのドレスデンに赴いて行った貴重な録音。共演するのは古色蒼然たるドイツの音色を残していた頃のドレスデン国立管弦楽団と、当時ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席指揮者として東ドイツの音楽界を一身に背負っていた巨匠フランツ・コンヴィチュニー。まさに一期一会の彼らの出会いが、壮烈な演奏となって鳴り渡ります。ケンプには珍しく情熱の迸るデモーニッシュな演奏を展開し、それをオーケストラが弦の底力を全面に押し出した完璧な合奏力でサポートします。一音たりとも妥協を許さないこのような純ドイツ的表現手段は、現在の音楽界では皆無に等しく、これが彼らの唯一の録音となってしまったことが惜しまれます。

    曲目

  • ブラームス:ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 作品15

  • 1 第1楽章: Maestoso
    モノラル
    試聴
    視聴
    iTunes
    ボーナストラック
    着うた
    フル
    コール
  • 2 第2楽章: Adagio
    モノラル
    試聴
    視聴
    iTunes
    ボーナストラック
    着うた
    フル
    コール
  • 3 第3楽章: Rondo.Allegro non troppo
    モノラル
    試聴
    視聴
    iTunes
    ボーナストラック
    着うた
    フル
    コール
  • ブラームス:

  • 4 ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ 作品24
    モノラル
    試聴
    視聴
    iTunes
    ボーナストラック
    着うた
    フル
    コール