BIOGRAPHY

渡辺貞夫 / SADAO WATANABE


SADAO_WATANABE宇都宮生まれ。18歳で上京後、秋吉敏子のコージー・カルテットを始め数々のバンドへの参加、バークリー音楽大学への留学等を経て、日本を代表するトップ・ミュージシャンとしてジャズの枠に留まらない独自のスタイルで国内はもちろん、世界を舞台に活躍。 近年は2005年日本国際博覧会"愛・地球博"における日本政府出展事業の総合監督として多忙な日々を送りながらも、2004年11〜 12月にはグァム島、バンコク、台湾での海外公演を実施。その笑顔とサックスの音色は、愛知万博のテーマである"自然の叡智"のもと子供たちに託された地 球の未来への祈りを込めて、海を渡り、心と心をつなげる。