BIOGRAPHY

Underoath

■Spencer Chamberlain(Vocals) -スペンサー・チェンバーレイン
■Tim McTague(Guitar) -ティム・マクタギュー
■Grant Brandell(Bass) -グラント・ブランデル
■Aaron Gillespie(Drums, Vocals) -アーロン・ギレスピー
■Christopher Dudley(Keyboards) -クリストファー・ダドリー
■James Smith(Guitar) ジェイムズ・スミス

1998年に結成された、キーボードを含むフロリダ出身の6人組。
感情を剥き出しにしたスクリーム、アグレッションとメロディの緻密なバランスに彩られたテンションの高いサウンドで、一躍インディー・ロック・シーンをリードする存在に。 Capitol/EMI 傘下の、シアトルの優良ロック・レーベルTooth & Nailと契約し、05年のメジャー・デビュー作となった2nd『ゼイアー・オンリー・チェイシング・セイフティー』で遂に全米で劇的なブレイクアウトを果たし、35万枚を売り上げた。年間200日を超えるライヴ・バンドであり、全会場でカオスを生み出すアグレッシヴなパフォーマンスでキッズの熱い支持を集めている。06年6月リリースの新作音源からの試聴は、わずか1日で10万人がアクセスし最高記録を達成!同年Van\'s Warped Tourにヘッドライナーとして参戦している。
2008年、アルバム『ロスト・イン・ザ・サウンド・オブ・セパレイション』をリリース。

カオスを生み出す衝撃のパフォーマンスを叩き付け、USロック・シーンのメイン・ストリームへ駆け上がった要注目の6人組だ!