NEWS

TOPICS

2006年のニュース

■ボノが英エリザベス女王からナイトの爵位を授与

 U2のボノ(本名:Paul Hewson)が、英エリザベス女王からナイトの爵位を授与されると、12月23日に在アイルランド英国大使館が発表しました。David Reddaway大使によると、ボノの音楽界への貢献と、人道的な活動が評価されたということで、'07年初頭にダブリンで行なわれるセレモニーで大使か ら爵位を受け取る予定です。ただし、ボノはアイルランド国籍(英連邦以外の市民)であるため、英国人のように"サー"の称号を使用することはできないそう です。U2のオフィシャル・サイトに掲載されたニュースによると、ボノはこの知らせを「とても喜んでいる」ということで、英ブレア首相はボノにお祝いの手 紙を書いた模様です。ちなみに、'03年にボノは、フランスのシラク大統領からレジオン・ドヌール勲章を授与されています。

2006.12.27更新

 


■ワールド・ツアー最終となるハワイ公演に、豪華アーティスト達が飛び入り

 U2のVertigo 05/06 Tourの最終公演が12月9日、ハワイ、ホノルルのAloha Stadiumで開催され、'05年3月から(途中、休止あり)約20ヵ月続いたワールド・ツアーの幕を閉じました。最終公演のアンコールでは、まずはグ リーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングが飛び入りし、U2とグリーン・デイとのコラボ曲「セインツ・アー・カミング」を披露。続いて、この日の サポート・アクトを務めたパール・ジャムのEddie VedderとMike McCreadyが飛び入りし、ニール・ヤングのカヴァー曲「Rockin' In The Free World」を共演したそうです。ちなみに、ツアーの最後にプレイされた曲は、「オール・アイ・ウォント・イズ・ユー」でした。

2006.12.13更新

 


■「セインツ・アー・カミング」の「着うたR」が本日から配信スタート!

 本日発売のニュー・ベスト・アルバム『ザ・ベスト・オブU2 18シングルズ』に収録された新曲として、またグリーン・デイとのコラボレーションでも話題のシングル「セインツ・アー・カミング」が「着うた(R)」でもリリース。
 下記サイトにて本日発売です!
<配信サイト>
「レコード会社直営サウンド」、「絶対!洋楽」、「Music.jp」、「Dwango.jp」
*配信サイトの事情により発売日が異なる場合があります。ご了承下さい。

2006.11.22更新

 


■ボノとエッジが、メルボルンでパール・ジャムとの共演パフォーマンスを披露

 現在、オーストラリア・ツアーを開催中のU2のボノとエッジが、その合間の11月17日、メルボルンで開催された野外コンサート『Make Poverty History』に参加し、パール・ジャムとの共演パフォーマンスを披露しました。このコンサートは、この翌日から同地で行なわれた『G20』(20ヵ国 財務相・中央銀行総裁会議)に合わせ、世界の貧困を救おうと訴えかけるために開催されたもので、約2万人の観客の前でボノは、活動家を称えるメッセージを 贈った後、パール・ジャムと共にニール・ヤングの「Rocking In The Free World」のカヴァー・パフォーマンスを披露しました。

2006.11.22更新

 


■「HUNT THE LYRIC」キャンペーン終了

10月23日から2週間実施されたU2の「HUNT THE LYRIC」キャンペーン、ご参加いただけたでしょうか?11月6日に正解者の中から当選者が発表され、キャンペーンは終了しました。"どこに行こうか? (WHERE SHALL WE GO?)"という質問の正解は、"ホノルルに行こう(LET'S GO TO HONOLULU)"。当選者はロンドンのTamara Kendallさん。

2006.11.15更新

 


■ボノが、シドニーで開催されたカイリー・ミノーグの復帰コンサートに飛び入り

 現在オーストラリア・ツアー中のU2のボノが、11月11日、シドニーのSydney Entertainment Centreで開催された、カイリー・ミノーグのコンサートに飛び入りしました。このコンサートは、昨年乳ガンの治療を受けたカイリーにとっての復帰後2 度目の地元公演で、ボノは彼女の復帰を祝福するために駆け付けたのだそうです。カイリーの紹介によりステージに登場したボノは、カイリーの「Kids」の デュエット・パフォーマンスを披露しました(元々はロビー・ウィリアムスとのデュエット曲)。なお、会場には、エッジ、ラリー、アダムも駆け付け、彼女の 復帰コンサートを楽しんだということです。

2006.11.15更新

 


■iTunesにて『ザ・ベスト・オブU2 18シングルズ - Deluxe Version』の購入予約受付スタート!

11月20日にPC配信リリースとなる『ザ・ベスト・オブU2 18シングルズ - Deluxe Version』の購入予約受付が本日よりiTunesでスタートしました。同アルバムのDeluxe Versionは本編全18曲に加えて、2005年ミラノ公演のライヴ・トラックが9曲とデジタル・ブックレットが付属したもの。さらに購入予約された方 にのみ「Smile」というボーナス・トラックも付いてきます。この豪華内容で価格はナント2,400円!予約期間は11月19日までなので今すぐ予約 を!
2006.11.08更新

 


 

■『ザ・ベスト・オブU2 18シングルズ』の収録曲目を発表

 日本で11月22日にリリース予定のU2のベスト・アルバム『ザ・ベスト・オブU2 18シングルズ』の収録曲目が、以下の通り発表されました。
<収録曲目>
1. ビューティフル・デイ 2. アイ・スティル・ハヴント・ファウンド・ホワット・アイム・ルッキング・フォー(終りなき旅) 3. プライド 4. ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー 5. ヴァーティゴ 6. ニュー・イヤーズ・デイ 7. ミステリアス・ウェイズ 8. スタック・イン・ア・モーメント 9. ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地) 10. スウィーテスト・シング 11. サンデイ・ブラッディ・サンデイ 12. ワン 13. ディザイアー 14. ウォーク・オン 15. エレヴェイション 16. サムタイムズ・ユー・キャント・メイク・イット・オン・ユア・オウン 17. セインツ・アー・カミング<U2 & グリーン・デイ> 18. ウィンドウ・イン・ザ・スカイズ
2006.11.06更新

 


■グリーン・デイとのコラボレーションによるチャリティ・シングル「セインツ・アー・カミング」10月30日PC配信スタート!

 U2&グリーン・デイという夢のような組み合わせによるチャリティ・シングル「セインツ・ アー・カミング」が10月30日、下記PC配信サイトで一斉にリリースとなります。11月13日までの期間限定発売です。なお、同トラックのライヴ・バー ジョンも11月6日同じサイトにて一斉リリースの予定です。

<配信サイト>
iTunes、mora、Napster、Listen Japan、OnGen、OCN Music Store、Oricon Style

2006.10.27更新

 


■『ザ・ベスト・オブU2 18シングルズ』発売記念、世界規模のキャンペーン開始

 『ザ・ベスト・オブU2 18シングルズ』のリリースを記念して、U2のオフィシャル・ウェブサイトu2.comが10月23日から11月5日までの2週間、世界規模で「HUNT THE LYRIC」(歌詞探し)キャンペーンを実施します。
世界各国の16のウェブサイトにU2の曲の歌詞の一節が書かれたバナーが置かれます。バナーに書かれた歌詞には色が付いた文字がひとつあるので、これらの 文字を集めます。集めた16の文字を使ってu2.comが出すクイズに答え、正解者の中から抽選でヴァーティゴ・ツアーの最終公演(ハワイ、ホノルルのア ロハ・スタジアム)のコンサート・チケットとホノルルへの航空券(宿泊付き)が当たる、というのがこのキャンペーンです。バナーが置かれるウェブサイトの リストは期間中ずっとu2.comで発表されますが、世界16カ国の中で日本のasahi.com (http://www.asahi.com/sports/) (http://www.asahi.com/culture/) に、一番最初にバナーが置かれます。まずはバナーをチェック!
2006.10.23更新

 


■ベスト・アルバムのタイトルが『U218 Singles』(原題)に決定

 11月15日日本先行発売予定のU2のベスト・アルバムのタイトルが『U2 18 Singles(原題)』に決定しました。このアルバムには、過去にリリースされたシングルの中から16曲が収録されるほか、「セインツ・アー・カミン グ」(グリーン・デイとのコラボ曲)を含む2曲の新曲が収録されることから、このタイトルが付けられた模様です。なお、このアルバムは、昨年イタリアのミ ラノで行なったライヴのうち10曲を収録した、ボーナスDVD付きの限定盤も制作される予定です。加えて、『U2 18 Singles』に収められた曲のPVを収録したDVDもリリースされる予定になっています。
2006.10.11更新

 


■ベスト・アルバム発売決定!

  新曲2曲を含む18曲を収録した、U2の決定版ベスト・アルバムが発売決定!
 11月29日から遂に日本での公演が実現する"ヴァーティゴ・ツアー"は、『原子爆弾解体新書~ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム』 の曲を中心に、25年以上のキャリアを総括するようなセットリストで展開される。それもノスタルジーに浸ることは一切なく、時代を超えても意味を持つ曲と して演奏される。つまり、来日公演を前にまず手にとりたいのがこの決定版ベスト・アルバムだ。ライヴでの演奏曲数より少ない厳選の16曲と新曲で構成され た、U2の真髄。2曲の新曲のうち1曲は、グリーン・デイとのコラボレーション・シングル「セインツ・アー・カミング」(プロデュース:リック・ルービ ン、ロンドンのアビイ・ロード・スタジオでレコーディング)

グリーン・デイとのコラボレーション・シングル「セインツ・アー・カミング」
 デジタル:10月30日発売予定
 CDシングル(2曲入):11月8日発売予定/初回限定盤
 収録曲:1.セインツ・アー・カミング/2.セインツ・アー・カミング(ライヴ)
 9月25日、U2とグリーン・デイは、ニューオーリンズのLouisiana Superdomeでザ・スキッズの「セインツ・アー・カミング」のカヴァーを共演した。これは、ハリケーン・カトリーナの被害を受けた Louisiana Superdomeの改修後初となるNFLの試合で、ESPNを通じて全米に生中継された。この曲のスタジオ・レコーディング・ヴァージョン&9月25日 のライヴ・ヴァージョンのリリースが急遽決定!
このリリースの収益はすべて『Music Rising』に送られる。

 *グリーン・デイに関する情報はこちら:http://www.wmg.jp/artist/greenday/
 *『Music Rising』はU2のジ・エッジ、プロデューサーのボブ・エズリン、ギブソン・ギターによって設立されたチャリティ組織で、昨年ニューオーリンズを襲っ たハリケーン・カトリーナの被害によって楽器や機材を失ってしまった地元ミュージシャンに、新しい楽器や機材を提供する活動を行なっている。
2006.10.06更新

 


■グリーン・デイとのコラボ曲を含むベスト・アルバムのリリースが決定

 U2が、11月20日にベスト・アルバムをリリースすると発表しました。現時点でタイトルや収録曲などの詳細は未定ですが、アルバムには16曲のヒット 曲に加え、2曲の新曲が加えられる予定です。2曲の新曲のうち、1曲はグリーン・デイとのコラボ曲「ザ・セインツ・アー・カミング」(The Skidsのカヴァー)で、もう1曲は純粋な新曲です。この2曲は、9月後半、プロデューサーのリック・ルービンと共にロンドンのAbbey Road Studiosでレコーディングされました。
 なお、ニュー・シングルとなる「ザ・セインツ・アー・カミング」は、10月30日にデジタル・ダウンロード、11月6日にCDリリースされる予定です。 このシングルの収益金は、ハリケーン・カトリーナ関連のチャリティ団体『Music Rising』に寄付されます。<ここに出ている発売日は、海外の発売日です。日本盤の発売日は決定次第お知らせします>
2006.10.04更新

 


■グリーン・デイと共に、有名なアビー・ロードの横断歩道でビデオ撮影

 ロンドンのAbbey Road Studiosで、リハーサルを行なっていたU2とグリーン・デイが、その合間の9月13日にスタジオ前でビデオ撮影を行ないました。彼らは、ザ・ビート ルズの名作『アビイ・ロード』のジャケットで有名になった、スタジオ前の通り(Abbey Road)の横断歩道で撮影を行なったそうで、ビデオの監督はお馴染みのアントン・コービンが務めています。なお、撮影時、付近には多数の野次馬が集ま り、携帯電話を取り出して写真を撮るなど、大変な騒ぎになったようです。既報の通りU2とグリーン・デイは、The Skidsのカヴァー「The Saints Are Coming」を共演する予定です。
2006.09.20更新

 


■ロンドンのAbbey Road Studiosでニュー・アルバムのレコーディングを開始

 U2が、9月5日からロンドンのAbbey Road Studiosで、ニュー・アルバムのレコーディングをスタートしました。今回のアルバムのプロデューサーはリック・ルービンが担当しています。また、こ の間に、グリーン・デイとのコラボによりThe Skidsの'78年の名曲「The Saints Are Coming」のカヴァー・レコーディングを行なうことも決定。これは、U2のエッジなどが共同設立したチャリティ団体『Music Rising』(※)のためにレコーディングされるものだということです。
 なお、U2とグリーン・デイは、9月25日にニューオーリンズのLouisiana Superdomeで開催されるNFLのプレ・シーズン・マッチ、ニューオーリンズ・セインツ vs アトランタ・ファルコンズ戦で「The Saints Are Coming」の共演パフォーマンスを行なうことに決定。これは、ハリケーン・カトリーナの被害を受けたLouisiana Superdomeの改修後初となる試合で、この模様はESPNを通じて全米に生中継される予定です。加えて、このパフォーマンスでのライヴ音源は、 『Music Rising』への寄付金を集めるために、有料ダウンロード販売される予定だということです。
(※):『Music Rising』は、昨年、ニューオーリンズを襲ったハリケーン・カトリーナの被害により楽器や機材を失ってしまった地元ミュージシャンに、新しい楽器や機材を提供する活動を行なっている団体。
2006.09.15更新

 


■Leonard Cohenのドキュメンタリー映画のサウンドトラックに楽曲を提供

 伝説のシンガー・ソングライター、Leonard Cohenのドキュメンタリー映画『I'm Your Man』のサウンドトラックに、U2とルーファス・ウェインライトが楽曲を提供しました。まず、U2の「Tower Of Song」は、Leonard Cohen本人とのコラボレーションによる曲で、レコーディングはニューヨークにあるクラブ『Slipper Room』で別々に行なわれました。また、ルーファスが提供した「Chelsea Hotel」と「Everybody Knows」は、'04年5月と'05年1月に彼が出演した、Leonard Cohenのトリビュート・コンサートで収録されたものだということです。なお、他にNick Cave、Beth Orton、Jarvis Cockerなどが参加したサウンドトラックは7月25日に全米リリース予定で、映画の全米公開日は7月14日の予定になっています。
2006.06.21更新

 


■Tony Bennettの80歳の誕生日を祝福するデュエット・アルバムに参加

 U2のボノ、スティング、フアネス、スティーヴィー・ワンダー、エルトン・ジョン、エルヴィス・コステロ、ダイアナ・クラールが、Tony Bennettの80歳の誕生日を祝福するニュー・アルバム『Duets - An American Classic』に参加しました。アメリカで9月26日にリリースされるこのアルバムは、全曲Tonyとのデュエットが収録された作品で、他に Barbra Streisand、James Taylor、Paul McCartney、John Legend、Billy Joel、George Michaelなど、大物アーティストばかりが参加しています。レコーディングは、ロサンゼルスの伝説のスタジオ、キャピトル・スタジオAで、すべて Tonyと一緒に行なわれました。
 各アーティストがデュエットした楽曲は以下の通りです。
U2のボノ:「I Wanna Be Around」
スティング:「Boulevard Of Broken Dreams」
フアネス:「The Shadow Of Your Smile」
スティーヴィー・ワンダー:「For Once In My Life」
エルトン・ジョン:「Rags To Riches」
エルヴィス・コステロ:「Are You Havin' Any Fun?」
ダイアナ・クラール:「The Best Is Yet To Come」
2006.06.14更新

 


■ボノがピアノのレッスンを受けながら、新曲を書いていると公表

 英ガーディアン紙のインタビューに応えたU2のボノが、現在、ピアノのレッスンを受けていることを明らかにしました。ボノによると、レッスンごとに毎 回、新曲が完成しているということです。ニュー・アルバムの制作開始を楽しみにしているというボノは、インタビューの中で、「政治的な活動を減らして、音 楽に没頭する時が来たんだ。この夏は、それを本当に楽しみにしているよ」とコメントしました。
2006.06.07更新

 


■ボノがUKの全国紙インディペンデントの5月16日号で1日編集長を担当

 U2のボノが、UKの全国紙インディペンデントの5月16日号で1日編集長を務めました。これは、以前からボノが推進している『REDキャンペーン』 (貧困国のエイズ問題と闘う活動)の一環として行なわれたもので、ボノはアフリカの諸問題に関する特集記事をはじめ、アート、スポーツ、ファッション、政 治などの記事にもアイディアを提供しています。同紙の編集長は、同紙がメディアとして初めて『REDキャンペーン』に加わり、利益の一部をアフリカのエイ ズ基金に寄付しているとアピールしたうえ、16日に発行された新聞の収益の半分を『REDキャンペーン』のためにチャリティ組織『Product Red』に寄付すると公表しました。
2006.05.17更新

 


■エッジが『New Orleans Jazz Festival』のステージに飛び入り

 ニューオーリンズで開催された『New Orleans Jazz Festival』の会場を訪れていたU2のエッジが、4月29日のステージに2度飛び入りしました。1度目は、New Birth Brass Bandのライヴに飛び入り。「Stand By Me」でヴォーカルを担当したそうです。その数時間後、今度はDave Matthews Bandのライヴに飛び入り。「Smooth Rider」でギターをプレイしたということです。ちなみにエッジは、昨年ハリケーン・カトリーナで被害を受けたニューオーリンズのミュージシャン達に楽 器を提供するチャリティ活動を行なっており、その復興の様子を見守るため、『New Orleans Jazz Festival』の会場を訪れていたのだそうです。
2006.05.08更新

 


■アダムが長年のガールフレンドと婚約

 U2のアダム・クレイトンが、カナダ人のガールフレンド、Susie Smithさんと婚約しました。2人はすでに約10年間も交際を続けていたそうで、挙式は来年になるということです。
2006.04.12更新

 


■アルゼンチンのブエノスアイレス公演にディエゴ・マラドーナが来場

 3月1~2日にアルゼンチンのブエノスアイレスでコンサートを行なったU2。このうち、2日の公演には、アルゼンチン・サッカー界のスーパースター、 ディエゴ・マラドーナが訪れました。これには、U2のメンバーやツアー・スタッフも大喜び。コンサート後にバックステージを訪れたマラドーナは、ボノと帽 子(カウボーイハット)を交換したようです。ちなみに、ブエノスアイレス公演の会場となったRiver Plate Stadiumは、以前マラドーナが所属していたチームのホーム・スタジアムです。なお、U2は、ブエノスアイレス公演の模様を3Dカメラで撮影しまし た。
2006.03.08更新

 


■ボノの公式インタビュー集『ボノ インタヴューズ』発売

 2002年から2005年にかけて行なわれたボノのインタヴュー集が3月24日に発売されます。ボノとは旧友でもあるフランス人ジャーナリストとの対話 により、生い立ちやバンドのことはもちろん、彼の人生観や宗教観、アフリカが抱えている問題、また直接の面会を通じたブッシュ、ブレア、ゴルバチョフ、ネ ルソン・マンデラといった政界の重鎮の印象などが、彼自身の言葉によって語られます。その発言の数々は、U2ファンだけでなく、多くの人にとって示唆に富 むものとなるでしょう。
2006.03.08更新

 


■ニュー・シングル「オリジナル・オブ・ザ・スピーシーズ」リリース情報

 『ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム』からの5枚目となるシングル「オリジナル・オブ・ザ・スピーシーズ」が、3月22日にオンライ ン・リリースされます。オーディオはiTunes Music Store、OCN Music Store、mora、OnGen、Oricon Styleにて順次配信予定、ビデオはiTunes Music Storeのみで配信されます。
シングル・ヴァージョンは、2005年7月にオランダでプロデューサーのジャックナイフ・リーと共にレコーディングされた新ヴァージョン。
ビデオは、U2との長期に亘るコラボレーターであるキャサリン・オーウェンスが手がけた。未来的なアニメーション&CGを駆使した驚異的な作品で、息を呑 むほどの美しい映像だ。デジタル・アニメーション化されたボノが登場する。オーウェンスは、U2の"ヴァーティゴ・ツアー"の印象的なヴィジュアルの多く を手がけており、「オリジナル・オブ・ザ・スピーシーズ」を演奏するときに使用される映像は彼女の担当だった。U2はその映像のアイデアを大変気に入り、 このビデオへと発展を遂げたのだという。
2006.03.08更新

 


■U2来日記念キャンペ-ン実施中!

対象商品をお買い上げの方に抽選でU2ツア-・グッズをプレゼント!
応募締め切りは2006年5月31日(水)当日消印有効
下記ホ-ムペ-ジをご覧ください。
http://www.universalmusicworld.jp/u2-2006/

2006.03.02更新

 


■ブラジル滞在中、サルバドールのカーニバルに参加

 南米ツアーのため、ブラジルに滞在していたU2のボノ、エッジ、ラリーが、2月23日、サルバドールのカーニバルに参加しました。U2は、ブラジルの文 化大臣、ジルベルト・ジル(ミュージシャンとしても有名)の招待を受けてカーニバルに参加。大臣のプライヴェート・ボックス・シートからボノは、「ウィ ズ・オア・ウィズアウト・ユー」や「サンデイ・ブラッディ・サンデイ」などのU2のヒット曲を歌ったほか、路上のトラックの上でプレイしていたブラジルの 有名シンガー、Ivete Sangaloとのデュエットも披露しました。ちなみに、サルバドールのカーニバルはリオデジャネイロと違って路上が会場となり、スピーカーを積んだ大き なトラック(サウンド・トラック)と共に、人々が演奏しながら練り歩くのが特徴です。
2006.02.28更新

 


■トニー・ベネットの80歳の誕生日を記念したデュエット・アルバムに参加

 ベテラン・シンガー、トニー・ベネットの80歳の誕生日を記念して、アメリカで9月26日にリリースされる予定のデュエット・アルバムに、エルトン・ ジョン、U2のボノ、スティング、エルヴィス・コステロ、フアネスが参加しました。フィル・ラモーンがプロデューサーを務めるこのアルバムには他に、 Dixie Chicks、Billy Joel、James Taylor、John Legend、Barbra Streisandなどが参加し、それぞれTonyとのデュエット曲をライヴに近い状態でレコーディングしたそうです。

2006.02.24更新

 


■U2日本公演オフィシャルHPのご案内

 只今TOKYO FMでは、U2日本公演オフィシャルサイトにてU2特別リクエストを受付中!あなたのお気に入りの1曲をリクエストして下さい。

2006.01.30更新

 


NEWS一覧に戻る

 
 
 

FACEBOOK