BIOGRAPHY

TOMMY LEE


Tommy leeアテネ生まれのギリシャ人。2歳の時、両親と共に南カリフォルニアに移住。幼い時から背が高く、「すぐ食器棚に届いた」そうだ。やがて、食器棚から手にしたナイフやフォークをドラム・スティック代わりに使い出し、両親はトミー少年にドラムとピアノのレッスンを受けさせた。そして息子への愛情が高じて、父親はガレージを防音完備の練習部屋へと改造してしまった。

 トミー17歳の時、ベースのニッキー・シックス、ギターのミック・マーズ、ヴォーカルのヴィンス・ニールと共にモトリー・クルー結成。思わず拳を突き上げたくなるアンセムを書く術を知っていた彼らは、1stアルバム『TOO FAST FOR LOVE』(1981)でロック・ファンの心をわしづかみに。そのキャッチーなリフ満載の音楽はやがて、ロック史をも塗り替える勢いで、LAグラムメタル・ムーヴメントの発信源となっていく。その後、悪魔指向ということで議論の的となった『SHOUT AT THE DEVIL』(1983)、よりダークな雰囲気を持つ『THEATRE OF PAIN』(1985)と傑作が続き、『GIRLS, GIRLS, GIRLS』(1987)は究極のロックンロール・アルバム、そして『DR. FEELGOOD』(1989)の大ヒットで、ついにメインストリームへと流れ込んでいく。

 90年代に入ると、正真正銘のスタジアム・アクトに成長。しかし1992年にヴィンス脱退。元スクリームのシンガー、ジョン・コラビが後釜に収まり、94年に『MOTLEY CRUE』をリリース。いわゆる悩めるモダン・ロックのパワーを引き継ぐものだったが、1997年に『GENERATION SWINE』を出す頃にはヴィンスが復帰。まるで勢いを取り戻したかのように、『GREATEST HITS』(1998)、『LIVE, ENTERTAINMENT OR DEATH』(1999)、『SUPERSONIC AND DEMONIC RELICS』(1999)と次々リリース。2000年には『NEW TATTOO』を出すが、ここにトミー・リーの名前はなかった。トミーは、メソッズ・オブ・メイヘムという自分のバンドでレコーディングやツアーを行ない、ちょうどこの頃、元妻パメラ・アンダーソンとのホーム・ビデオ流出で、パパラッチの格好のターゲットとなる。2001年、メンバー全員の協力を得て、悪名高き自伝本『THE DIRT』が完成。10ヶ月という記録破りの時間を、ニューヨーク・タイムズ紙ベストセラー・ランキングで過ごし、現在、映画化も進んでいる。

 しかしそんな中、トミー・リーをモトリー・クルーへと呼び戻したものは、ファンの声、ファンの力だった。当初は『RED, WHITE & CRUE』のリリースに合わせて、新曲を3曲収録するのが目的だったのだが、それはやがて再結成ツアーへと発展。その大盛況ぶりは今さら言うまでもないだろう。

 最近のトミーは少しでもフリータイムがあると、二人の子供たちと過ごす。長男ブランドン・トーマスは1996年5月6日生まれ。次男ディラン・ジャガーは1997年12月29日生まれ。トミーはそんな普通の生活も大好きだ。しかし、最近のロックのオリジナリティのなさには辟易しているそうだ。「みんなどれも同じ。ルックスも同じ。ったく。ミック・ジャガーやデヴィド・ボウイたちはどこに行っちまったのかね。ロックには、ある程度の危うさが必要なんだよ。"こいつ、本当にショウの最後まで持つのか?"って思わせるようなもの。音楽も大事だけど、そういう要素がエキサイティングなんだよ。だからさ、みんな、もうちょっとヤバいことしてみようぜ!」