NEWS

TOPICS

今、世界で最も旬なアーティスト=ザ・ウィークエンドの最新作が遂に全米1位獲得!

ソウル/ファンクが“旬な音”として世界中のミュージックシーンにカムバックしている中、今、世界で最も旬なアーティストがザ・ウィークエンド。
最新シングル「キャント・フィール・マイ・フェイス」が全米で通算2週1位に輝く中、同曲を収録したアルバム『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』が8月28日に発売され、見事全米ビルボードのアルバムチャートにて1位を獲得(9月19日付)!

ではなぜ、このザ・ウィークエンドが一気に世界中の注目を浴びたのか・・・それは、2015年一気に幅広く知名度を上げたR&Bシンガーであるからである。
昨年末、ここ日本でも大人気女性歌手アリアナ・グランデの「ラヴ・ミー・ハーダー」にザ・ウィークエンドがフィーチャーされ全米のテレビ番組やアワード受賞式などで共演を披露し、自身の美声でオーディエンスを魅了した。
2015年に入ると、世界中で大ヒットした映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2月公開)にてザ・ウィークエンドが自身の書き下ろし楽曲「アーンド・イット」が起用されては一気にファン層を拡大させる。
その勢いは止まらずに6月、Apple Musicのカンファレンスで新曲「キャント・フィール・マイ・フェイス」を初披露し、7月にはテイラー・スウィフトのニュージャージー公演にて同曲を共演。
更にはトム・クルーズが全米人気テレビ番組にて同曲の口パクパフォーマンスを披露する程全米のお茶の間に浸透し、遂にシングル「キャント・フィール・マイ・フェイス」は
ザ・ウィークエンド自身初の全米1位へと昇りつめ、正に“今、世界で最も旬なアーティスト”という座を獲得したのであった。

今年、ここ日本でもAWA、LINE MUSIC、APPLE MUSIC、そして今月GOOGLE PLAYと、次々にストリーミングサービスがスタートしているが、ザ・ウィークエンドの新作『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』は、グローバル・オーディオ・ストリーミングで発売初週1億ストリーミングを超えた初のアルバムとなった。
そのうち、8,000万は世界最大のストリーミングサービスであるSPOTIFYにてストリーミングされている。
丁度、ジャスティン・ビーバーがシングルで新記録を達成したことが話題になっているが、ザ・ウィークエンドはアルバムでSPOTIFYの新記録を樹立したことになる。

ザ・ウィークエンドはアルバム3作連続全米Top10にランクインしており、『Trilogy』は初登場4位、『キッスランド』初登場2位、そして、今作『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』で初登場1位を果たしたことになる。
今後のザ・ウィークエンドの活躍に世界中が注目している。

NEWS一覧に戻る