NEWS

TOPICS

4月30日、モップスのアルバム7タイトル再発売!

日本のサイケデリック・ロックのパイオニアであり、ニュー・ロックの旗手として一世を風靡。1967年Victorから「朝まで待てない」でデビュー後、1969年に東芝レコードに移籍。その後はロック・スタンダードである「たどりついたらいつも雨ふり」をはじめ、「月光仮面」「御意見無用」など多くのヒットを放つ。

後に俳優・タレントとしても活躍した強烈な個性の持ち主であるボーカル・鈴木ヒロミツ、RCサクセションや井上陽水ら数多くのビッグ・アーティストのプロデュース&編曲を手がけ、今も第一線で活躍するミュージック・シーンのキー・パーソンのひとりである星勝を擁し、シンプルで骨太なロックン・ロールサウンドを得意としたモップスは、当時のアイドル的人気のバンド達とは一線を画し、耳の肥えた音楽ファンや、ミュージシャンからも大きな支持を集めた玄人好みのバンドであった。

1974年5月に解散。2014年は解散40年のメモリアルイヤーにあたる。このタイミングで、モップスの大きな功績に再び光を当て、貴重なカタログの数々を再発していく。
 
 【再発7タイトル】
「ロックン・ロール’70 +2」(1970)<オリジナル・アルバム>
「御意見無用(いいじゃないか) +1」(1971)<オリジナル・アルバム>
「雷舞 +6」(1971)<ライブ・アルバム>
「雨 モップス’72 +2」(1972)<オリジナル・アルバム>
「モップスと16人の仲間 +2」(1972)<オリジナル・アルバム>
「モップス1969-1973 +3」(1973)*初CD化!<ベスト・アルバム>
「EXIT +2」(1974)<ライブ・アルバム>

各1,800円(税抜)+税
2014年4月30日発売

※各タイトルに星勝自身による解説収録
※各タイトルに初CD化を含むボーナストラック多数収録、EMI時代のモップスの音源をすべて網羅!

ザ・モップス 1st ALBUM
Victor Entertainmentより発売!
『サイケデリック・サウンド・イン・ジャパン +2』(1968年作品)
【収録曲】
朝まで待てない/サンフランシスコの夜/アイ・アム・ジャスト・ア・モップス/孤独の叫び/あの娘のレター/ブラインド・バード(初CD化)/あなただけを/ベラよ急げ/ホワイト・ラビット/朝日よさらば/ハートに火をつけて/消えない想い/
+ボーナス・トラック:お前のすべてを/熱くなれない

NEWS一覧に戻る