NEWS

TOPICS

井上陽水、ポール・マッカートニーを歌う。トリビュート・アルバムに日本代表として参加!

ビートルズ時代を含め、すでにデビューから半世紀以上経過した現在でも現役ミュージシャンとして第一線で活躍しているスーパースター、ポール・マッカートニーへ捧げる超豪華トリビュート・アルバム『アート・オブ・マッカートニー~ポールへ捧ぐ』(12月10日 日本発売)日本盤のスペシャル・ボーナス・トラックに井上陽水が参加する事となった。このアルバムには、ボブ・ディラン、ビリー・ジョエル、ブライアン・ウィルソン、スモーキー・ロビンソン等、総勢32組の人気アーティストが参加し、CD2枚組、全35曲が収録されている。ポール・マッカートニーはこのトリビュート・アルバムの発売に際し、<このような作品を作ってくれることは光栄で素晴らしい作品に仕上がっているよ。素晴らしいアーティスト達が参加してくれて色々な曲を聞かせてもらったけどすべて素晴らしいね>とコメントを寄せている。
 
今作のアルバムの収録曲は、基本的に参加アーティスト側に一任された。井上陽水が選曲したのは、1968年のアルバム『ザ・ビートルズ』(ホワイト・アルバム)に収録されている曲「アイ・ウィル」。この曲はビートルズがインドに瞑想修行に行った際にポールがこの曲を作り、69年に結婚したリンダ・マッカートニーに捧げたといわれるラヴソング。

井上陽水は「世の中に音楽を愛する人はそれこそ星の数ほどにいる。それぞれの人が音楽をどのくらい愛しているか、誰が一番、音楽を愛しているか、それを計る計測器はこの世にないけれど、僕の知っている範囲でポール・マッカートニーは間違いなく No.1だ。それは間違いのないことなのだ」とコメントを寄せている。
 
井上陽水の参加に関して関係者は、「英米を代表するスーパースターがずらりと顔をそろえた今回のポール・マッカートニーのトリビュート・アルバムを日本発売するにあたり、日本を代表するビートルズ好きなスーパースターによるスペシャル・トラックを収録したいと海外のレーベル側に打診したところ、レーベル側もそれはいいアイデアだと、すぐに快諾。それで、今回の参加アーティストに比肩する日本のビートルズ好きなスーパースターを考えた時に、すぐにイメージできたのが、デビュー前からビートルズの熱狂的なファンだというお話を聞いたことがあった井上陽水さんでした」と井上陽水に白羽の矢を立てた理由を語っている。

  

We love Paul!! みんなポールが大好きなんだ!!

■『アート・オブ・マッカートニー~ポールへ捧ぐ』[初回限定盤](2CD+DVD)
※ボーナスDVD付き限定盤
2014年12月10日発売/UICY-76952/4,644円(税込)
→収録曲 

■『アート・オブ・マッカートニー~ポールへ捧ぐ』[通常盤] (2CD)
2014年12月10日発売/UICY-15359/3,672円(税込)
→収録曲 

★井上陽水レーベル公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/inoue-yosui

 

NEWS一覧に戻る

 
 
 

The Art of McCartney

The Art of McCartney紹介映像