NEWS

TOPICS

<レポート>『ホット・ジャズ』ツアー2015東京公演

『ホット・ジャズ』ツアー2015 東京公演
2015年5月23日(土) 日本橋三井ホール

20150523 01

 日本が世界に誇るジャズ・ヴァイオリンの第一人者、寺井尚子。12年ぶりに一新したレギュラー・グループで完成させた最新アルバム『ホット・ジャズ』に伴う全国ツアーが5月23日(土)の日本橋三井ホールでの東京公演で千秋楽を迎えた。
 アルバム『ホット・ジャズ』の1曲目を飾る「クロードのタンゴ」からコンサートは幕を開け、のっけから寺井のヴァイオリンは“全開”状態。日本を代表するベテラン・ピアニスト佐山雅弘とのソロの掛け合いは実にスリリングで、相互作用によって変幻自在なフレーズが繰り広げられる。またドラムの荒山諒とパーカッションの松岡“matzz”高廣の2人のリズムによるバトルも新しい寺井尚子クインテットの見せ場の1つだ。「平成生まれ」とMCでも紹介された荒山と、ベースの瀬田川貴は2人とも20代で、ライブごとに成長を続けており、バンドに新しい風を吹き込んでいる。「リベルタンゴ」「ノヴェンバー」といった激しい曲での、ヴァイオリン&ピアノのメロディ楽器と、ドラム&パーカッションのリズム楽器の2つの絡み合いは、これまでにない緊迫感とダイナミクスを生み出している。そして「フラジャイル」「シェナンド―」といったバラード曲で聴かせる寺井のヴァイオリンの表現力はますますキレを増している。
 寺井尚子はMCでは「昨年新バンドを結成し、2015年1月にレコーディング、3月25日にアルバムをリリース。ずっと、このツアーの千秋楽を思い描きながらこの5人で一歩一歩歩んできました」と、このツアー東京公演を目指してノン・ストップで活動してきたことを話した。コンサート終盤では「今日は千秋楽公演にお越しいただきありがとうございます。みなさんのエネルギーをまた明日からのパワーにして生きていきたいと思います。皆さんにとっても笑顔あふれる毎日でありますように」と話し、アルバムのハイライトでもある「スペイン」を演奏しコンサート本編が終了。その後のアンコールではKINCHO蚊取り線香2015年CM曲「ハッピー・バード」、軽快なアレンジの「枯葉」を演奏。更に再アンコールで寺井尚子のライブの定番「セント・トーマス」でコンサートは幕を閉じた。
 新たなバンドを始動してから1年に満たないとは思えない完成度・音のまとまりは、東京公演までの濃密な時間を思わせた。ほぼ新譜の収録曲のみのセット・リストからも寺井尚子の新たなバンドにかける思いが感じられる。寺井尚子のジャズの新章の幕開けを、強烈に印象付けた「ホット」な一夜だった。


《セットリスト》
1.クロードのタンゴ
2.イン・ザ・ヴェルヴェット
3.ブルー・ボッサ
4.フラジャイル
5.風のストーリー
6.リベルタンゴ
7.スロー・ダンス・オブ・ラヴ
8.ノヴェンバー
9.シェナンド―
10.スペイン
(アンコール)
11.ハッピー・バード
12.枯葉
(再アンコール)
13.セント・トーマス

20150523 01

20150523 01

(C)Ryota Mori

NEWS一覧に戻る

 
 
 

Download

☆iTunesストア
Itunesで購入


☆moraで購入
Moraで購入


☆レコチョクで購入
Recochokuで購入