BIOGRAPHY

<海外プレスリリース翻訳>
レジェンド=スティーヴン・タイラーが彼にとって初のカントリー・シングルをリリース。
横断的大量メディア露出も実施

音楽界きってのアイコンが『This Morning』、『Entertainment Tonight』、『iHeart Media』ステーションそして『アメリカン・アイドル』フィナーレに出演!

アイコン=スティーヴン・タイラーが5月13日US、5月14日その他地域にて彼にとっての初となるカントリー・シングル「ラヴ・イズ・ユア・ネーム」をリリースする。BIG MACHINEレーベル・グループ(テイラー・スウィフト、ティム・マックグロウ等所属)の傘下レーベルDOT RECORDSと契約した等スティーヴン・タイラーは、横断的なメディア露出をもってこのシングルをリリースする。

「ラヴ・イズ・ユア・ネーム」はそのリリースが高く待ち望まれている初となるソロ・デビュー・アルバムからの第一弾シングルとなる。この曲はダン・ハフによりプロデュースされ、ナッシュヴィルの『BLACKBIRD』スタジオにてレコーディングされた。

スティーヴン・タイラーは1月からナッシュヴィルに滞在して『MUSIC ROW』の最高のシンガーやソングライターと交流をはかっている。

「テネシーに向かって、最初にスタジオに入ったその日にレコーディングをした曲が最初のシングルになったん。そして、ナッシュヴィルは俺の新しいガールフレンドになったんだ。ひょっとしたらこれを"ビギナーズ・ラック"と呼んでもいいのかな。」とスティーヴン・タイラーは語る。

5月13日iHeart Mediaが同シングルのワールド・プレミアをアメリカ国内120以上のメインストリームのカントリー・ステーションにて行う。さらにボビー・ボーンズとのインタビューも行う。同日には『Entertainment Tonight』とCBSの『This Morning』にも出演する。そして同日『AMERICAN IDOL』のシーズン・ファイナルにて同楽曲をパフォーマンスする。

スティーヴン・タイラーは音楽界で最も認知されて、最もダイナミックなフロントマンとして知られており、『ROLLING STONE』が"全時代通じて最も偉大なシンガーの一人"と称している。スティーヴン・タイラーとエアロスミスは1億5千万枚以上のセールスを記録、4つの『グラミー賞』と6つの『アメリカン・ミュージック・アワード』、4つの『ビルボード・ミュージック・アワード』、『エミー賞』を受賞している。9曲のナンバー1ヒット、25枚のゴールド・ディスク、18枚のプラチナム・ディスク、12枚のマルティ・プラチナム・ディスクを獲得し、2001年には『ロックンロールの殿堂』入りを果たした。スティーヴン・タイラーは『ASCAPポップ・アワード』で『ファウンダー・アワード』を受賞し、『ソングライター殿堂』入りを果たした。最新情報はtwitterもしくはStevenTyler.comをご参照のこと。