Biography

Soudngarden -a

クリス・コーネル (Vo)
キム・セイル (G)
ベン・シェパード(B)
マット・キャメロン (Dr)

シアトルが輩出したサウンドガーデンが2012年11月14日に「キング・アニマル」をリリースする。このアルバムはバンドにとって16年ぶりのアルバムとなる。バンドは彼らにとって6枚目のアルバムを長年にわたって親交のあるプロデューサー、アダム・キャスパー(フー・ファイターズ、ニルヴァーナ、パール・ジャム)と共同プロデュースの元、シアトルのスタジオXにてレコーディング、ミックスはジョー・バレシ(ザ・メルヴィンズ、クィーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、ウィーザー)が担当した。

グラミー賞で2部門を受賞、7部門でノミネートされ、これまでのワールドワイドでの総売り上げが2,100万枚を超え、サウンドガーデンは一時代のロック・ミュージックを再定義し、音楽の歴史に革命的なインパクトを与えた。2010年初頭に、クリス・コーネル、マット・キャメロン、キム・セイル、ベン・シェパードは新しい始まりを宣言。再結成してからこの3年の間にバンドは「TELEPHANTASM」というコンピレーション・アルバム、初となるライヴ・アルバム「LIVE ON I-5」をリリースし、映画「アベンジャーズ」のエンド・ロール用に新曲"リヴ・トゥ・ライズ"を書き上げ、同楽曲はモダン&アクティヴ・ロック・ラジオにてNo.1となった。そして数多くのショウをソールドアウトさせ、ハイドパークで行われたHARD ROCK CALLINGをはじめとする世界中のフェスティヴァルに出演してきた。そしてついに90年代以降初となるオリジナル・アルバムをリリースする。