BIOGRAPHY

200102232

1974.3.23、リーダーのアラン・エヴァンス(ds)NYバッファローで生まれる。 1976.1.10、弟ニール・エヴァンス(p)生まれる。兄弟の父はアマチュアのドラマー。アランは物心だついた時には、スティックを握っていたという。ニールも最初はドラムに興味を持っていたが、小学生の時にピアノに転向する。 1976.6.28、エリック・クラズノー(g)がフロリダで生まれる。 アランは高校卒業後、ミュージシャンを志望してNYへ移る。ニールも兄の後を追う。アランは旧友ピーター・プリンス(vo、g)とファンク・ロック・バンド<ムーン・ブート・ラバー>を結成する。ニールはピーターの影響でオルガンを弾くようになる。 <ムーン・ブート・ラバー>を脱退後、ニールはマンハッタン音楽院へ入学。アランはカール・デンソンの<グレイボーイ・オール・スターズ>のツアーに参加。その後カールのファンクバンド<タイニー・ユニバース>のレコーディングに招かれる。 一方、エリックは7歳年上の兄ジェフリーの影響でギターを始め、ファンク・バンド<レタス>を結成。マサチューセッツ州ノースハンプトンにあるクラブ <アイアンホース>を根城に活動。同時期に<アイアンホース>でエヴァンス兄弟の<ムーン・ブート・ラヴァー>と人気を二分する。 アランとニールは再び一緒に活動するようになり、ソウル・ジャズ+ヒップホップのサウンドを求め3人目のメンバーを探すようになる。ある日、エリックがエヴァンス兄弟のステージに飛び入りしたことがきっかけでお互い引かれるようになる。 99年3月、大学を卒業したエリックが正式加入して<ソウライヴ>結成。精力的にライヴ活動を始める。 同年バークシャー・マウンテン・ミュージック・フェスティヴァルでジョン・スコフィールドと知り合う。 2000年、エリックの兄ジェフリーが経営するNYのヴェロア・レコーディングスから初のフルアルバム「ターン・イット・アウト」をリリース。このキャンペーンでライヴハウス<ウェットランズ>に大々的にとりあげられ、一気に知名度が上がる。 このアルバムは、NYのタワーレコードのジャズ・チャートのインディーズ盤の売り上げ記録を塗り替えて3位まで浮上。(日本でもこの輸入盤のアルバムは記録的ヒットとなる)そのためメジャー・レーベルでソウライヴの熾烈な争奪戦が繰り広げられることになる。 2001年、ブルーノート・レーベルより「ドゥーイン・サムシング」でメジャー・デビュー決定。2~3月ブルーノート・クラブ(東京・大阪・福岡)で初の来日公演。ソウライヴは21世紀のジャズの担い手としてあらゆる方面より注目されている。