BIOGRAPHY

少年ナイフ

            
Histry
198112/29大阪にて少年ナイフ結成。
198203/14大阪スタジオ・ワンにてファーストLIVE。入場者36人、入場料100円。
08/15初の自主制作カセット『みんな楽しく少年ナイフ』発売。即完売。
1983 05/02法政大学 学館ホールでLIVE出演。
(関西以外での初LIVE、以後学園祭にも多数出演)
07/21『BURNING FARM』リリース。(8曲入り 20cm LP, ZERO Records)
11/15ZERO、かげろう共同コンピレーションアルバム『AURA MUSIC』 リリース。
(少年ナイフ3曲収録)
1984 05/25『山のアッちゃん』リリース。(10曲入り 20cm LP, ZERO Records)
12/バルコニーレコードのコンピレーションアルバム、『くっついて安心』 リリース。
(少年ナイフ2曲参加)
198506/アメリカ、Kレーベルからカセット『BURNING FARM』リリース。(11曲入り)
1986 06/20『PRETTY LITTLE BAKA GUY』リリース。
(10曲入り20cm LP, ZERO Records)
10/アメリカ、Subversive Recordsより
『PRETTY LITTLE BAKA GUY + Live In JAPAN』リリース。
(13曲入り12inchLP PRETTY LITTLE BAKA GUY にライヴを3曲加えたもの)
11/ アメリカ、SUB POP リリースのコンピレーションアルバム
『SUB POP 100』に参加。(少年ナイフ1曲収録)
12/ ガールフレンドレコードより、ガールズグループのコンピレーションアルバム
『AMUSEMENT PARK』リリース。(少年ナイフ1曲収録)
1987 02/ 自主制作プロモビデオ製作。(非売品)
03/26イギリスBBCラジオのJohn Peel の番組にて
少年ナイフの曲がオンエアーされる。
12/ アメリカのファンジン FLIPSIDE のコンピレーションアルバム
『VINYL FANZINE No. 3』リリース。(少年ナイフ1曲収録)
1988 ライヴ活動に専念。
1989 09/02大阪・心斎橋ミューズホールでライヴ。
SONIC YOUTHのLIVEにゲスト参加。アンコールでジャムセッションを行う。
05/ アメリカ GASATANKA/GIANT RECORDS(現 ROCKVILLE )より、
Tater Totz「Mono Stereo』リリース。(少年ナイフ2曲参加)
08/12海外でのファーストLIVE敢行。Los Angeles ・2nd Coming にて。
サポートはThurston Moore (Sonic Youth),
Jeff & Steve(Redd Kross),等のセッション。
11/ アメリカ GASATANKA/GIANT RECORDS(現 ROCKVILLE )より
少年ナイフのカヴァー曲集
『Every Band Has A Shonen Knife Who Loves Them』
(CD, CASSETTE, LP, 2LP)リリース。
参加バンドは Sonic Youth, Redd Kross, L7, Babes In Toyland,
Lunachicks, Big Dipper 等 30以上のグルー プが参加。
1991 07/01 『712』リリース。(15曲入り CD、日本クラウン)
07/ アメリカ SUB POP より、FANCLUB シリーズとして
『NEON ZEBRA』(7inch シングル)リリース。
Side 2は Bear Up Bison (LiveVersion)
08/ アメリカ GASATANKA/ ROCKVILLE より、『712』リリース。
日本盤とアメリカ盤はミックス違いヴァージョン。アメリカのCMJチャートイン。
08/ 2回目のU.S.ツアー(4公演) ★アメリカCNNニュースに出演!
09/25徳間ジャパンより『PRETTY LITTLE BAKA GUY』再発。
(13曲入りCD。
オリジナル「PRETTY LITTLE BAKA GUY 」にライヴ3曲を加えたもの。)
11/14大阪・心斎橋サンホールにてライヴ。with FUGAZI
11/ イギリスSeminal Twang より7" 『Space Christmas』リリース。
NME,Melody Maker チャートイン。
11/21アメリカROCKVILLE RECORDS よりX'mas 7"『SpaceChristmas』 リリース。
11/24
~12/11
Nirvanaと共にU.K.全土をツアー(9公演)
Nirvanaとは別に少年ナイフがヘッドライナーで1公演。
(12/6 Underworld, London)
★以上10公演 Captain America (現Eugeneous)も参加。
12/08イギリスBBC放送『John Peel Session』レコーディング。
1992 02/14JA(農協)主催バレンタインコンサートに出演。
★来日中のNirvana が来場、大騒ぎとなる。
06/16
~22
U.S.ツアー(4公演)内、6/18 はNewMusicSeminorのPsychoNiteに
スぺシャルゲストとして出演(New York, Limelight)
08/26『Let's Knife』リリース。(15曲入り CD MCAビクター)
08/26
~09/5
U.K.ツアー(3公演)
08/29第20回 Reading Festival に出演。★イギリスの野外フェスティバル。
他にNirvana, Mudhoney 等出演。
09/01イギリス BBC 放送、John Peel Session(2回目の参加)の為 レコーディング。
09/04ロンドンにてプロモーションビデオ 'Riding On The Rocket' 制作。
09/17
~22
JAPANツアー'93 (3会場、5公演)
12/02『Do The Knife』リリース。(4曲入り ミニCD MCAビクター)
11/02
~12/08
U.K.ツアー(18公演)(Front Act , BMX Bandits)
12/31 日本レコード大賞特別賞受賞
199302/06
~14
U.S.ツアー(3会場4公演)
02/15
~20
Japanツアー’93(3会場4公演)
02/26東京・渋谷NHKホールにてSONIC YOUTHのライヴにゲスト出演。
03/25
~04/26
U.K.&Europe tour(10カ国20公演)
07/2
~14
ヨーロッパロックフェスティバルツアー1993(6カ国7公演)
08/21シングル『Concrete Animals』リリース。
(co. 'Quavers' CDsingle、MCAビクター)
★これに併せてプロモーションビデオ 'Concrete Animals' 制作。
7月のロックフェスティバルツアーの模様などが盛り込まれた内容。
09/08 『Rock Animals』リリース。(11曲入りCD・MCAビクター)
10/ 'Brown Mushrooms' のプロモーションビデオ制作。
11/03シングル『Brown Mushrooms』リリース。
★TX系”浅草橋ヤング洋品店”オープニングテーマ。
11/11
~29
Rockin' Animals '93 少年ナイフ All JAPAN TOUR(8会場9公演)
11/28アメリカ盤シングル『Brown Mushrooms』リリース。(VirginRecords)
★CMJチャート(12/26付)のAdventure Picks部門,
Radio Breakthroughs部門で共に初登場第1位。
12/02
~18
U.S.ツアー(8公演) with Nirvana
199401/10イギリス盤『Rock Animals』リリース。(Creation-August Records)
01/25アメリカ盤『Rock Animals』リリース。(Virgin Records)
03/02『Favorites』リリース。(5曲入CD MCAビクター)
03/09
~3/16
'Tomato Head'のプロモビデオ撮影(Los Angeles ロケ)
04/14
~05/25
U.S.&CANADA tour(29公演)★MTVの120 minutes 、
NBCの人気番組"Conan O'braien Show" をはじめ多数のTVラジオ等に出演。
08/17
~09/8
Lollapalooza Tour(9会場13公演)★U.S.&CANADAを廻るフェスティバル
09/13『If I were a Carpenter』リリース。(Carpentersのトリビュートアルバム。
少年ナイフは'Top Of The World' をカバー)
10/12NHK・BS2ch で94年4月~5月に行われた少年ナイフの
U.S. CANADA TOUR のドキュメンタリー番組放映。
199502/キリンビールCMにタイアップ。新曲「がんばれ関西」レコーディング。
半年に渡りオンエアー。
02/22『Greatest History』リリース。
(コンピレーションアルバム。過去のBサイドやライヴ、未発表テイク集。
12曲+ボーナストラックCD MCAビクター)
03/6
~14
JUMP UP TOUR '95 (JAPAN tour 3公演)
04/NHK大阪放送局制作TV番組
「オフタイム・カフェ」テーマ曲に 'Get The Wow' が起用。
11/01
~23
パンダツアー '95 (JAPAN tour 10会場・12公演)
12/03
~17
U.S. Showcase Tour (5公演)
199603/31
~05/31
ニューアルバム「BRANDNEW KNIFE」の録音の為、ロサンゼルスへ。
プロデュースはThe Robb Brothers。
06/1
~6/4
サンフランシスコにて、プロモビデオ「E.S.P.」撮影。
06/21「Wonder Wine」リリース。(マキシシングルCD。MCAビクター)
★マイクロソフト社のCMに少年ナイフ "Top Of The World"起用。
又、同曲はアメリカ映画、"Last Supper"のエンディングテーマにも起用。
08/07 「E. S. P. 」リリース(マキシシングルCD。MCAビクター)
08/21「BRANDNEW KNIFE」リリース(CD MCAビクター)
09/19
~10/02
Wonder Tour '96(JAPAN tour 5会場・6公演)
11/01
~11/25
学園祭ツアー(4大学)
12/11
~12/17
シンガポール&香港ツアー
12/13Singapore 'SPARKS'(定員2500人SOLD OUT)
12/15Hong Kong 'Club X' (定員500人SOLD OUT)
12/24東京・新宿・リキッドルーム
少年ナイフ・プレゼンツのイベント「Wonder World Vol.1」
ゲスト:OOIOO(Yoshimi from Boredoms),
Seagul Screaming Kiss Her Kiss Her,Zeppet Store
DJ:中原昌也(暴力温泉芸者)
199701/09FM802にて、初のDJ挑戦大成功。*珠玉の選曲
01/22「SUPER MIX」リリース。(リミックスアルバム)
Remixer : 小山田圭吾、石野卓球、坂本龍一、桑原茂一、曽我部恵一、
Thurston Moore (SONIC YOUTH)、少年ナイフ、
Roger Maning (Imperial Drug, Moog Cookbook)
(CD&アナログ盤。MCAビクター)
01/14
~02/03
オーストラリア・ニュージーランドツアー(11公演)
02/08アメリカ POPTOPIA FESTIVAL出演&プロモーション
★ポップトピアフェスティバル、
2/8は少年ナイフがヘッドライナーを務めSOLD OUT。「Wonder World Vol.2」
03/10大阪・心斎橋クラブクアトロ
03/12名古屋クラブクアトロ
03/13東京・新宿リキッドルーム★ゲスト・Baffalo Daughter などなど。
Brand New Knife 米国発売、全米・カナダツアー
04/1
~5/20
北米大陸一周!アメリカ、カナダ30都市以上をツアーバスで回ります。
一日平均ドライブ時間10時間以上、かなり過酷なサバイバルロード。
しかし、どの土地へ行っても少年ナイフファンは待っていてくれる。
涙と笑い、感動のツアー。
04/23「IT'S A NEW FIND」リリース
10/22リミックスアルバム「Ultla Mix」、ビデオ「Blast Off !」リリース
199804/22シングル「バナナチップス」リリース
06/18シングル「飲茶楼で、めちゃうまかろう/はみがき」リリース(JT[飲茶楼]CMソング)
06/24 アルバム「Happy Hour」リリース(日本,アメリカ同時発売)
マイクロソフト本社(アメリカ:シアトル)にて、"インターネット・ライヴ"。全世界にインターネットで生中継される
6月~9月Happy Hour Tour
(福岡,広島,仙台,LA,サンフランシスコ,ポーランド,シアトル,シカゴ,デトロイト,トロント,NY,クリーブランド,ミルウォーキー,ミネアポリス,シンシナティ,ノーフォーク,フィラデルフィア,大阪,名古屋,東京)
7月中谷美智枝(Vocal/Bass)脱退
08/01"FUJI ROCK FESTIVAL '98" 出演
香港、シンガポールにてプロモーション&ライヴ・ツアー」
12/16サーストン・ムーア(ソニック・ユース)とのコラボレートによるシングル「all want for christmas.........」リリース
200002/19アルバム「Strawberry Sound」リリース
200112/05初の英語ベストアルバム「MILLENNIUM EDITION」リリース
12/10~12/24WONDER WORLD 2001 tour 敢行(仙台,東京,大阪,福岡,広島,名古屋)