BIOGRAPHY

SHAGGY / シャギー


Shaggy _bio 1968年10月22日ジャマイカのキングストン生まれ。本名はOrville Richard Burrell。「シャギー」は子供時代のニックネームで、カートゥーン「Scooby Doo」(邦題「わんぱくクリッパー」)に登場する同名の登場人物(邦名は「ぼろぴん」?)からつけられた。18歳のとき、NYブルックリンに住む母をたよって渡米。すぐにハード・コアのダンス・ホール・トラック「Mampie」「Big Up」で、NYレゲエ・チャートNO.1を獲得する。その後1988年には米海軍に入隊し湾岸戦争を経験。93年にはデビュー・アルバム『おぉキャロライナ~ピュア・プレジャー』が英国をはじめとする10カ国でNO.1に輝き、続く95年のセカンド・アルバム『ブンバスティック』は米でプラチナ・アルバム(100万枚)を獲得、96年のグラミー賞「ベスト・レゲエ・アルバム」を受賞するに至った。97年にはサード・アルバム『ミッドナイト・ラヴァー』をリリース、人気を不動のものとした。その後様々のサウンドトラックに曲を提供してきたシャギーはサントラ『ステラが恋に落ちて』に参加、ジャム&ルイスがプロデュースし、ジャネット・ジャクソンとデュエットした「ラヴ・ミー、ラヴ・ミー」をきっかけとして、MCAレコードと新たに契約を結ぶことになった。2000年夏に『ホット・ショット』をリリースし、復活ののろしをあげる。昨年の秋に「イット・ワズント・ミー」がブレイクして以来、止まることなくヒット街道を爆進中のシャギーは、大衆紙"People"の表紙を飾るなど、一躍時の人となる。アルバムのセールスはアメリカで500万枚を突破。現在、MCAの最重要アーティストで2002年には『ホット・ショット』に続くスタジオ収録の新譜も予定されている。
 


最近のシャギーのゲスト参加:
「イノセンス」 (ダーウィンズ・ウェイティング・ルーム
『オーファン』、MCAのヘヴィー・ロック・バンド)
「クリスマス・イン・ジャマイカ」 (トニー・ブラクストン 『スノーフレイクス』) 「ゲットー・チャイルド」 (ジョー 『ベター・デイズ』)

2002/01/22更新