BIOGRAPHY

SERGE GAINSBOURG / セルジュ・ゲンスブール


SERGE GAINSBOURG1928年4月2日、パリ生まれ。本名リュシアン・ギンズブルグ。建築や絵の勉強をしていたが、画家への夢を断念し、やがて"ミロール・ラルスイユ"とい うキャバレーのミュージカルでミシェル・アルノーのピアノ伴奏を始め、自分もステージで歌うようになる。そして自作自演曲「リラの門の切符切り」でデ ビュー(1958)。ボリス・ヴィアンがその才能を大絶賛する。「プレヴェールに捧ぐ」「ラ・ジャヴァネーズ」などのヒットが続く。いつしか自分で歌うことよりも他のアーティストに曲を提供することが多くなり、レジーン、ジュリエット・グレコ、ジョニー・アリディ、クロード・フランソワや英語詞で歌うペトラ・クラーク、ディオンヌ・ワーウィックなどがセルジュの書いた曲を歌った。1968年映画「スローガン」で共演のジェーン・バーキンと出逢い、69年には二人でレコーディングした「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」をリリース。この曲は世界中にスキャンダルな話題を振りまき、イギリスのBBCは放送禁止処分にした。だが、ヨーロッパでは軒並みNo.1、アメリカでも50位くらいに入るという大ヒットを記録した。1970年代末に二人が別れた後も、ゲン スブールはジェーンのアルバムの作詞・作曲をすべて手掛けた。さらに数多くの映画音楽、自分の作品を作り続け、ジェーンとの娘であるシャルロット・ゲンス ブールのアルバム『魅少女シャルロット』(1986)も手掛けた。1991年3月2日、心臓発作で世を去った。