BIOGRAPHY

Senju -photo

 

千住 明 Akira Senju 作曲家

1960年10月21日東京生まれ。幼稚舎より慶応義塾で学び、慶応義塾大学工学部を経て東京藝術大学作曲科卒業。同大学院を首席で修了。修了作品「EDEN」(1989)は史上8人目の東京藝術大学買上となり、同大学美術館(芸術資料館)に永久保存されている。南弘明、黛敏郎の各氏に師事。
藝大在学中からその活動は、ポップスから純音楽まで多岐にわたり、作曲家・編曲家・音楽プロデューサーとしてグローバルに活躍。'97年第20回、'99年第22回、'04年第27回日本アカデミー賞優秀音楽賞等受賞歴多数。
テレビ等メディアへの出演も多く、NHK「日曜美術館」のキャスターもつとめた。
フィルハーモニア管、スロヴァキアフィル、クラコフ放送響、チェコフィル、ワルシャワフィル、モスクワ国際響、読売日響、N響、日フィル、新日フィル等の世界有数のオーケストラとの録音や、ヴァーツラフ・ノイマン、シャルル・デュトワ、小澤征爾、等の巨匠指揮者とのセッションもある。
代表作にテレビドラマ「砂の器」劇中テーマ曲のピアノ協奏曲「宿命」(2004)、羽田空港環境音楽「四季」(2004)、「交響曲第1番」(2005)、「日本交響詩」(2005)、オペラ「隅田川」(台本:松本隆)(2007)、詩篇交響曲「源氏物語」(2008)、「月光」(2009)、合唱組曲「母なるものへ」(詩:覚和歌子)(2009)、オペラ「万葉集」(台本:黛まどか)(2009、2011)、オペラ「滝の白糸」(台本:黛まどか)(2014)等。
映像音楽としては、映画「226」「RAMPO〜国際版」「わが心の銀河鉄道」「愛を乞うひと」「黄泉がえり」「HINOKIO」「この胸いっぱいの愛を」「涙そうそう」「象の背中」「風が強く吹いている」「Tales of Vesperia〜The First Strike〜」「マジック・ツリーハウス」、ドラマ「高校教師」「家なき子」「世紀末の詩」「ほんまもん」「砂の器」「仔犬のワルツ」「恋の時間」「風林火山」「GOLD」「99年の愛〜JAPANESE AMERICANS」「激流〜私を憶えていますか?〜」「LEADERS〜リーダーズ」「流星ワゴン」「アルジャーノンに花束を」、アニメ「機動戦士Vガンダム」「鉄人28号」「雪の女王」「RED GARDEN」「鋼の錬金術師 FA」「革命機ヴァルヴレイヴ」、NHKスペシャル「世紀を越えて」「至高のバイオリン ストラディヴァリウスの謎」、NHK「日本 映像の20世紀」、TV「アイアンシェフ」、「テレビ未来遺産」「ものづくり日本の奇跡」、CM「アサヒ スーパードライ」「コスモ石油」「野村不動産」、ムービングロゴ「GAGA」等、音楽を担当した作品は数多い。
ヌーノ、カート・エリング、ジェーン・バーキン、シセル、ザンフィル、千住真理子、藤原道山、チェンミン、杉山清貴、DEPAPEPE、等のアーティストのプロデュースも手がけ、アレンジャーとしては中森明菜「歌姫」シリーズが通算百万枚のセールスを記録し、他にも大貫妙子、谷村新司、白鳥英美子、森山良子、加山雄三、辛島美登里、今井美樹、夏川りみ、沢田知可子、二村英仁、奥村愛、石井竜也等ジャンルを越えたアーティストの編曲を担当。

(2015年4月現在)

ホームページ  http://www.akirasenju.com