Biography

131125_bio1995年より地元名古屋、東海地区を中心にシーモネーターとしてインディーズ活動を初め、同地区におけるHIP HOPの新しいスタイル、ムーヴメントを確立。

同郷のnobodyknows+やHOME MADE家族なども参加した自身の作品リリースだけでなく、BENNIE Kの作品にフィーチャリング参加、ケミストリーの楽曲remixも担当するなど幅広く活動。他にも加藤ミリヤ、RYO(ケツメイシ)…などと数々のアーティストとのコラボレーションを果たし、リスペクトを集める。

2005年、シーモネーターとしての活動はやりつくした…との思いから名前をSEAMOに改名。

2006年、4月リリースの4thシングル「マタアイマショウ」は、その切ない歌詞に共感を持ったリスナーからの反響がじわじわと広がり、ラジオリクエスト、有線、カラオケでの大きな反響を得て超ロングヒット。そしてLOVE SONGでファンのハートをつかんだ後は、「ルパン三世のテーマ」をリメイクしたキラーチューン、「ルパン・ザ・ファイヤー」で今度はリスナーのハートを打ち抜き、シングル初のTOP10入り! 2ndアルバム『Live Goes On』は、チャート初登場1位を記録。年末には「紅白歌合戦」を含む大型TV番組の出演を果たす。

2007年、夏には地元での自身企画のフェス「TOKAI SUMMIT」を立ち上げる。
2008年には日本武道館公演も実施。2009年3月にはHIPHOPソロアーティストとして初の代々木第一体育館公演、そのツアー最終日には、地元愛知県でアリーナ会場である日本ガイシホールでの公演を成功させた。

その後、シーモネーター主演のUSTREAM番組「夜の"身の下"相談・天狗診療所」を放送。ハッシュタグランキングで#SEAMONATORが1位獲得など注目を集める。

自身が発起人となる東海地区の夏フェス「TOKAI SUMMIT」は海地区を代表する大型フェスの一つとして地位を確立している。
現在、唯一無二のHIPHOPアーティストとして活躍中。