NEWS

TOPICS

佐野元春 & THE COYOTE BAND、NEWアルバム『BLOOD MOON』が2015年7月22日発売決定!

佐野元春 & THE COYOTE BAND、ニューアルバム『BLOOD MOON』が2015年7月22日発売決定!

佐野元春 & THE COYOTE BANDの新作『BLOOD MOON』。崩れるか、持ちこたえるか。

混迷の時代に放たれた純度高いDANCE ROCK12編。エッジを効かせて踊ってくれ。

<収録楽曲>
1. 境界線
2. 紅い月
3. 本当の彼女
4. バイ・ザ・シー
5. 優しい闇
6. 新世界
7. 私の太陽
8. いつかの君
9. 誰かの神
10. キャビアとキャピタリズム
11. 空港待合室
12. 東京スカイライン

2015年、デビュー35周年を迎えた佐野元春。80年代から今日まで、メッセージ性の高い歌詞で独自の歌世界を構築、
一つの地点に安住することなく、ロックンロール、ヒップホップ、スポークン・ワードをはじめ様々な音楽スタイルを
積極的に取り入れながら時代を疾走するシンガーだ。
新作『BLOOD MOON』は、『COYOTE』(2007年)、『ZOOEY』(2013年) に次ぐザ・コヨーテバンド名義による3作目となる
オリジナル・スタジオ盤。70's、80's、ファンク、ディスコ、アフロ、フォーク、R&B、サイケデリックなど、
ジャンルをまたいだサウンドを展開。全編を通じて、エッジの効いた純度の高いダンサブルなロック・サウンドとなっている。
リリックの面では、バンドの強靭なグルーヴをともなって、どの曲からもメッセージ性の高い歌詞が強烈に刺さってくる。
『COYOTE』、『ZOOEY』で示したソングライター佐野元春の新たな文脈が、この新作でより鮮明に浮かびあがっている。
フロント・カバーのデザインはヒプノシスの流れを汲む英国のデザイン・チーム 'StormStudios'。ピンクフロイド、
10cc、Alan Parsonsをはじめ、数々の印象的なアルバム・カバーをデザインしたグラフィック・チームだ。
サウンドは、長年、佐野のサウンドを手がけているレコーディング・エンジニア渡辺省二郎と、世界屈指のマスタリング・エンジニアTed Jensenの手により、バンドのライブなサウンドを生かすべくアナログ音を重視したサウンドに仕上がっている。

NEWS一覧に戻る