NEWS

TOPICS

サム・スミス、第57回グラミー賞にて「最優秀新人賞」を含む、最多の4冠を達成!

日本時間2月9日(月)(現地時間2月8日)にロサンゼルスにて行われた「第57回グラミー賞授賞式」にて、イギリス出身のブルー・アイド・ソウルことサム・スミスが、主要3部門を含む4部門を最多受賞した。昨年末より主要4部門を含む最多6部門にノミネートされ大注目を集めていた中、先程行われた同授賞式ではコーラス隊を従えメアリー・J.ブライジとともに大ヒット曲「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」を圧巻のパフォーマンスで人々を魅了した。曲の最後には、サムが幼い頃から愛してやまなかった憧れのメアリーと手をとりあって歌う、という感動的なシーンも。サムが受賞した4部門は、以下の通りだ。
 
【主要部門】 ◆最優秀新人賞
【主要部門】 ◆年間最優秀レコード 「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」(ダークチャイルド・ヴァージョン)
【主要部門】 ◆年間最優秀楽曲 「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」(ダークチャイルド・ヴァージョン)
◆年間最優秀ポップ・アルバム 『イン・ザ・ロンリー・アワー』
 
【サム・スミスの受賞コメント】
「お父さん、お母さん、スティーヴン・フィッツモーリス氏を始めとし、このアルバム制作に携わってくれた皆さん、僕を1年間サポートし続けてくれたセラピスト、皆さん、本当に、ありがとうございます。今日は、僕の今までの人生の中で、最高な一夜となりました。僕はこの『イン・ザ・ロンリー・アワー』というアルバムの発売前、僕の楽曲を聴いて欲しくて、人々に聴いてもらう為に試行錯誤していたんだ。減量に励んだり、色々なことを試してみた。でもある時、“僕が僕自身”をさらけ出すようになってから、皆、僕の音楽を聴いてくれるようになり、今日に至るんだ。皆さん、本当にありがとうございます!」
 
サム・スミスは、弱冠22歳でありながら、昨年5月に発売となったデビュー・アルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』(日本盤:1/21発売)は、iTunesアルバム・ランキングにおいて52の国と地域で1位を獲得、世界売上枚数600万枚越えの大ヒットを記録しており、全英アルバム・チャート1位、全米アルバム・チャート2位を獲得。なお、グラミー賞4冠達成後という、全世界がうらやむ中、来週、初来日を果たす。来日時に行うショーケースのチケットは1分で即完してしまうなど、既に日本でも話題になっているアーティストだ。

http://www.grammy.com/nominees

2
CD
発売日: 2015.01.21
価格(税込): ¥2,376
品番:UICC-10015

UNIVERSAL MUSIC STORE

[販売サイト] iTunes / mora / レコチョク

iTunes 期間限定プライス!
Download _Japanese




NEWS一覧に戻る

 
 
 

VIDEO

サム・スミスx007!「ライティングズ・オン・ザ・ウォール(映画『007 スペクター』主題歌)」紹介映像

 
 

VIDEO

平原綾香、サラ・オレイン、佐藤竹善「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」日本語version

 
 

VIDEO

クリス・ハート、Ms.OOJA、Chage「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」日本語version