NEWS

TOPICS

強力な共作陣

■強力な共作陣
 カール・スターケンとエヴァン・ロジャース: 「イッツ・オンリー・マネー」&「ルッキング・フォー・ア・フレンド」はインシンク、クリスティーナ・アギレラ、ボーイゾーン、ジェシカ・シンプソンなど 全米ヒット・チャートを賑わすアーティスト達をプロデュースしているアメリカのヒット・メーカーチームであるこの2人との共作。

■プロデューサー
 デヴィッド Z(プリンス・ファミリー) and ベン・バーソン(ニック・ロウ等のアルバムに参加)

■ディスコグラフィー
 FYC名義のアルバムのトータル・セールスは1,200万枚を超える!
1985年 『ファイン・ヤング・カニバルズ』
1989年 『ザ・ロー&ザ・クックド』
全米、全英No.1アルバム、全米No.1シングル「シー・ドライヴス・ミー・クレイジー」
1990年 『ザ・ロー&ザ・リミックス』
1996年 『ファイネスト~ベスト・オブ・ファイン・ヤング・カニバルズ』
2002年 『ローランド・ギフト』

■FYC: サウンドトラックへの楽曲提供
 「グッド・シング」: 「テイン・メン」、バリー・レヴィンソン監督の熱い要望があり、この映画の為に書き下ろされた。
「エヴァー・フォーレン・イン・ラヴ」: 「サムシング・ワイルド」(ジョナサン・デミ監督)、イギリスのパンク・バンド、バズ・コックスのカヴァー。プロデューサーはトーキング・へッズのジェリー・ハリソン。
2002/02/14更新

NEWS一覧に戻る