BIOGRAPHY

Raphael Saadiq


Raphael Saadiq伝説的なR&Bグループ、トニー・トニー・トニー(以下トニーズ)のメイン・ヴォーカリスト、ベーシ ストとして'87年にインディー・レーベルからデビュー。メンバーのドゥエイン・ウィギンスとは実の兄弟。(尚、もう一人のメンバー、ティモシーは従兄 弟)ラファエルは、イスラム教に改宗し、名前をサーディクと改め今日に至る。'88年、評判を聞いたポリグラムと契約、メジャー・デビュー作『フー?』 を、続く'90年に2nd『リヴァイバル』、'93年『サンズ・オブ・ソウル』、'96年『ハウス・オブ・ミュージック』をリリース。トニーズとして<南 カリフォルニアに雨は降らない>、<アニヴァーサリー>、<フィールズ・グッド>など数々のNo.1ヒットを連発。彼らのフォロワーと思しきグループが登 場することができないほど、オリジナリティーに満ち溢れたサウンド・アプローチは、当然のことながら数々のアーティスト達から支持され、各人にプロデュー スの依頼が舞い込むことになる。ラファエルは、ベイビーフェイスなど大物アーティストとのコラボレーションにより、その名を着実に広め、2000年には、 元ア・トライブ・コールド・クエストのアリ・シャヒード、元En Vogueのドーン・ロビンソンを従え、ユニット、ルーシー・パールを結成、話題を独占する。ドゥエインが土着的ソウルに固執する中、もっとストリートよ りな派手なサウンドを得意とするラファエルのサウンドは、米R&Bのトレンドを創り出していると言っても過言ではない。