BIOGRAPHY

Rafał Blechacz ラファウ・ブレハッチ (ピアノ)


Blechacz _sideimage1985年6月30日、ポーランドの首都ワルシャワの北西250キロにあるビドゴシチ市のさらに西方30キロに位置するナクウォ・ナデ・ノテション生まれ。6歳から地元の音楽教室でピアノを習い始める。7歳でビドゴシチ市のアルトゥール・ルービンシュタイン音楽学校で学ぶ。その後ビドゴシチ市のナワヴェジスキ音楽大学に進み、カタリーナ・ボボヴァ=ズィドロン教授に師事。主な受賞歴は、1999年青少年のためのポーランド・ショパン・コンクール第2位。2002年アルトゥール・ルービンシュタイン国際青少年ピアノ・コンクール第2位、2003年浜松国際ピアノ・コンクール1位なしの2位。2004年モロッコ国際ピアノ・コンクール優勝。2005年、第15回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール優勝と副賞を全て受賞するという快挙を成し遂げた。(同年2位は該当者なし)ショパン・コンクール優勝以来、ヨーロッパ主要都市やアジアでのリサイタルやコンサートに出演している。

「第一次審査でもう優勝候補がいた。それはラファウ・ブレハッチだ。コンクール出場者には技巧派はたくさんいるが、それ以外にショパンに対する正しいアプローチが必要だ。ラファウはそれを持っていた」(アンジェイ・ヤシンスキ審査委員長)

「一生の中で聴く機会のあったアーティストの中で、1、2を争う」(コンクールの審査員、ピアニストのジョン・オコーナー)

「ショパンは彼にぴったりだ。クリスティアン・ツィマーマンのように、彼はこの音楽を驚くべき自然さで表現する。ラインのコントロール、フレーズの崇高さ、てらいなくメロディを徐々に収める才能、これらの全てが彼を特別なものにしている」(イギリスの評論家、ジュリアン・サイクス)

 
 
 

DOWNLOAD

Itunesで購入

ハイレゾ配信
Logo -e -onkyo

Moraで購入

 
 

VIDEO

Polonaise No.3 in A Major (Op.40 No.1)