Artist: クイーン")
Label: USMジャパン
TOPICS

東京佼成ウインドオーケストラによるクイーン・カヴァー・アルバム『THIS IS BRASS ブラバン!~QUEEN~』発売!

「QUEEN」の美しき音楽世界が、吹奏楽ならではの迫力で、ダイナミックに躍動する!

TOCF 90022

今年も、鉄板シリーズ『ニュー・サウンズ・イン・ブラス』 の最新作、まさかのAKB48楽曲集、そして当世の人気ドラマ《あまちゃん》音楽の吹奏楽アレンジ集…と、怒濤のアルバム・リリースで全国の吹奏楽ファンの期待に応えてきた東京佼成ウインドオーケストラ。

最新作となる『THIS IS BRASS ブラバン!~QUEEN~』が、今週7日に発売となった。これは2011年にリリースされ、音楽シーンに衝撃を与えたマイケル・ジャクソン楽曲集『THIS ISBRASS ブラバン!~ Beat It ~』の第2弾で、今回彼らが挑戦した相手は、アルバム・タイトルの通り、今年アルバム・デビュー40周年を迎えた英国ロック界の“伝説のチャンピオン”QUEEN。
日本だけでなく全世界のブラス・ファンも大注目の1枚だ。

本作は、松沼俊彦指揮、ゲスト・ソロ・ミュージシャンに伊藤史朗(Drs.)、松本茂(B.)を迎えた東京佼成ウインドオーケストラ(コンサートマスター:田中靖人(A.S.))が贈るQUEENの吹奏楽カヴァー・アルバム。

前作『THIS IS BRASS ブラバン!~ Beat It ~』ではマイケルのサウンドをできるだけ忠実に再現することに重点が置かれていたが、本作ではQUEENの音楽世界をある程度自由に解釈して、吹奏楽的な演奏の楽しみを追求している。
ポピュラー音楽史に残るQUEENの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」が、東京佼成ウインドオーケストラの手に掛かると、まるでクラシックの作曲家による組曲のようにぴったりとはまり、純粋に心躍る名曲として楽しめてしまう、といった具合だ。

厚みのあるサウンド、ドラマティックな展開、ファンタジックな歌詞が描き出す濃厚なQUEENの音楽世界と、吹奏楽ならではの魅力が起こす化学反応。!QUEENの音楽をリスペクトした人気作曲家陣によるアレンジと、東京佼成ウインドオーケストラにしかできない緻密な演奏が、QUEENの音楽の新たな楽しみ方を提供してくれる。


『THIS IS BRASS ブラバン! QUEEN』

指揮:松沼俊彦 演奏:東京佼成ウインドオーケストラ〔 コンサートマスター:田中靖人(A.S.)〕
ゲスト・ソロ・ミュージシャン:伊藤史朗(Drs.) 松本茂(B.)
2013年8月7日 リリース  TOCF-90022(HQCD) ¥2,800
<収録曲>
1.ウィ・ウィル・ロック・ユーWe Will Rock You(Brian May 編曲:星出尚志)
2.地獄へ道づれ Another One Bites The Dust(John Deacon 編曲:天野正道)
3.ドント・ストップ・ミー・ナウDon't Stop Me Now(Freddie Mercury 編曲:山里佐和子)
4.ショウ・マスト・ゴー・オンThe Show Must Go On(Queen 編曲:山下康介)
5.アンダー・プレッシャーUnder Pressure(Queen/David Bowie 編曲:三浦秀秋)
6.ボーン・トゥ・ラヴ・ユーI Was Born To Love You( Freddie Mercury編曲:真島俊夫)
7.RADIO GA GA Radio Ga Ga(Roger Taylor 編曲:木原 塁)
8.手をとりあってTeo Torriatte (Let Us Cling Together)(Brian May 編曲:挾間美帆)
9.伝説のチャンピオンWe Are The Champions(Freddie Mercury 編曲:福島弘和)
10.ボヘミアン・ラプソディBohemian Rhapsody(Freddie Mercury 編曲:森田一浩)

詳細は下記特設サイトにて
http://emij.jp/thisisbrass/

 

★東京佼成ウインドオーケストラ Tokyo Kosei Wind Orchestra

1960年5月、立正佼成会付属の「佼成吹奏楽団」として結成、その後1973年に「東京佼成ウインドオーケストラ」と改称する。歴代常任指揮者に汐澤安彦氏、宇宿允人氏、平井哲三郎氏、フレデリック・フェネル氏、ダグラス・ボストック氏が名を連ね、2012年までポール・メイエ氏が首席指揮者を務めた。
 定期演奏会をはじめ各地での公演、学校音楽鑑賞教室、福祉訪問コンサート、バンド・クリニック、各種レコーディングなどを数多く行い、CDのタイトルは300を超える。
 2010年には創団50周年を迎え、記念のヨーロッパ公演を催す。その際、トルコにも立ち寄り、日本とトルコの友好関係120周年を記念して実施された「2010年トルコにおける日本年」事業にも参加、公演を行い両国友好の架け橋の一端を担った。
 2011年7月、台湾・嘉義市で開催された「第15回世界吹奏楽大会(略称:WASBE)」へメイエ氏と共に招待され公演を行い、聴衆や各国の吹奏楽指導者に絶賛された。
 同年6月と12月には東日本大震災復興応援プロジェクトとして、東北各地で公演を行い被災地の方々に元気と希望を届けた。
 また、テレビ朝日系列「題名のない音楽会」やNHK-Eテレ「ららら♪クラシック」、NHK-BS「クラシック倶楽部」、NHK-FM「吹奏楽のひびき」等のメディア出演も積極的に行っている。

楽団ホームページ
http://www.tkwo.jp/ 

 

 

 

NEWS一覧に戻る