NEWS

TOPICS

2012年のニュース

MusiCaresの授賞式にて、豪華ミュージシャンによるポール・トリビュート

グラミー授賞式の前々日の10日(金)には、同じLAのステイプル・センターにて、ポールの「2012 MusiCares Person of the Year」の授賞式が開催されました。そこでは、コールド・プレイ、フー・ファイターズ、アリシア・キース、ノラ・ジョーンズ、トニー・ベネット、ダイア ナ・クラール&ジェイムス・テイラー、ケイティ・ペリー、ニール・ヤング&クレイジー・ホース、セルジオ・メンデスなど実に豪華なミュージシャンが、それ ぞれポールやビートルズのカヴァーをポールに捧げました。

イベントの模様は以下でチェックできます。
http://www.grammy.com/videos/2012-musicares-person-of-the-year-highlights

12.02.13

祝! グラミー受賞

第54回グラミー賞にて、ポール・マッカートニー&ウイングスの『バンド・オン・ザ・ラン (デラックス・エディション)』が、最優秀ヒストリカル・アルバム部門を見事受賞しました!授賞式では、ダイアナ・クラールのバンド、ジョー・ウォルシュ のギター、そしてストリング・オーケストラをバックに、「マイ・ヴァレンタイン」を披露。白のダブルのジャケットが映えていました!

12.02.13

iTunes Storeにおける無料ライヴ中継の映像がYouTubeで公開!

先週iTunes Storeにおいて無料ライヴ中継されたハリウッド、キャピトル・スタジオにおけるパフォーマンスの映像が、YouTubeのPaul McCartneyチャンネルで公開されました。
先日のセットリストに不備がありました。お詫び申し上げます。正しいセットリストは以下の通りです。

1. 手紙でも書こう
http://www.youtube.com/watch?v=j2MSFBd-NTM&feature=youtu.be
2. ホーム
3. イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン
4. もう望めない
5. グローリー・オブ・ラヴ
6. ウィ・スリー
7. アクセンチュエイト・ザ・ポジティヴ
http://www.youtube.com/watch?v=Sbe3wJQD5KI
8. マイ・ヴァレンタイン
http://www.youtube.com/watch?v=q98QA3k4XDE
9. オールウェイズ
10. マイ・ヴェリー・グッド・フレンド・ザ・ミルクマン
11. バイ・バイ・ブラックバード
12. ゲット・ユアセルフ・アナザー・フール
http://www.youtube.com/watch?v=OqlljHnV_m0
13. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ

12.02.13

ポールのメッセージ・カードを送ろう!

ポールのオフィシャル・サイトにて、「Share The Love」というアプリが公開されました。これは、『キス・オン・ザ・ボトム』のアーティスト写真を使って、オリジナルのメッセージ・カードが作れるとい うもの。カードを開けるとバックには「手紙でも書こう」も流れます! 成したカードは、FacebookやTwitter、E-mailで送ることができます。簡単に作成可能ですので是非お試しください!

http://sharethelove.paulmccartney.com/

12.02.13

アルバムのフォト・セッション時の映像公開!

長女で写真家のメアリー・マッカートニーがカメラマンを務めた、新作のフォト・セッション時の映像がYouTubeで公開されました。撮影時のお茶目なポールのアクションも必見です!

 

12.02.11

ハリウッド、キャピトル・スタジオでのライヴ生中継、無事終了!

キャピトル・スタジオでのスタジオ・ライヴのiTunes Storeにおける無料ライヴ中継、無事終了しました。

約50名のファンと新作のプロデューサーのトミー・リピューマが見守る中、ダイアナ・クラールのバンド及びストリングス・オーケストラをバックに10曲を披露しました。また、エリック・クラプトンの代役として、なんとイーグルスのジョー・ウォルシュが特別参加! なんとも豪華なイベントでした。

尚、ライヴ中継の映像は後日ビデオ・ストリーミングとしてもiTunes Storeにて無料で視聴可能で、ライヴ音源も後日iTunes Storeで配信される予定です。

<セットリスト>
1. ホーム
2. グローリー・オブ・ラヴ
3. ウィ・スリー
4. アクセンチュエイト・ザ・ポジティヴ
5. マイ・ヴァレンタイン
6. オールウェイズ
7. マイ・ヴェリー・グッド・フレンド・ザ・ミルクマン
8. バイ・バイ・ブラックバード
9. ゲット・ユアセルフ・アナザー・フール
10. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ

12.02.10

英国エリザベス女王の在位60年コンサートに出演決定!

英国王室のエリザベス女王の在位60周年を祝う記念行事の一環として、6月4日にバッキンガム宮殿前特設ステージで開催されるコンサートに、ポールの出演が決定しました。
チケットは無料で、抽選で1万人が招待されます(応募資格は英国在住者のみ)。
他の出演者は、エルトン・ジョンやクリフ・リチャードといったポールと同じUKを代表するポップ・アーティストに加え、中国の世界的クラシック・ピアニスト=ラン・ランの名前も発表されています。

12.02.09

INTER FMにてポール・マッカートニーの特番がO.A.!

グラミー賞直前 緊急特番!
GLORY DAYS 〜今さら聞けない、ポール・マッカートニー〜
2/11(土) 15:00〜16:30 On Air
DJ:小川隆夫
Mail:grammy@interfm.jp
http://www.interfm.co.jp/grammys/

日本時間で2/13に開催される「第54回グラミー賞」授賞式。授賞式では数々の豪華アーティストがパフォーマンスを行います が、なかでもSirポール・マッカートニーの出演は今回のグラミーのハイライトとなります。6月で70歳、そしてビートルズ結成50周年というアニバーサ リー・イヤーでもある今年、MusiCares「Person Of The Year」にも選ばれ、その記念ライブにはニール・ヤングなど、豪華アーティストが登場してポールの功績を称えるということで、Sir ポールに熱い注目が集まっています。そこで、授賞式直前の2/11(土)、グラミー賞のオフィシャルラジオ局であるInterFM(76.1MHz東京) で、ポール・マッカートニーをイチから聴きなおす90分間の緊急特番生放送決定!ビートルズ時代の楽曲やその後のウィングス、ソロ作品の代表曲で振り返る 「ポール入門編」、そして、アメリカのスタンダード・ナンバーをカヴァーと新曲2曲が収録された待望のニューアルバム『キス・オン・ザ・ボトム』をリリー スしたばかりの「ポールの今」を大解剖!このアルバムの解説を担当し、InterFM「JAZZ CONVERSATION」のDJとしてもおなじみの小川隆夫がポールの音楽人生を紐解きます。「今さら聞けない、でもこの際だから知りたい」ポールに関 する素朴な疑問やリクエストも募集。グラミー賞出演、アニバーサリー・イヤー、そして、ニューアルバムの発売など、話題が尽きない今こそ、ポール・マッ カートニーの音楽を楽しむ、その魅力を知る、スペシャルプログラムです。

♪「第54回グラミー賞授賞式」も生中継!
The 54th GRAMMY Awards Special
2/13(月) 9:00-15:00 On Air
DJs: Ali Morizumi (TOKYO), 岡村有里子, 大友博 (L.A. リポーター)
ポール・マッカートニーをはじめ、豪華アーティストのパフォーマンスの模様を
熱気そのままにお伝えします。

<番組HP> http://www.interfm.co.jp/grammys/

12.02.08

『キス・オン・ザ・ボトム』、本日リリース!

生誕70周年、ビートルズのデビュー50周年というアニバーサリー・イヤーを迎えた、アニバーサリー・イヤーに発表する話題の新作 『キス・オン・ザ・ボトム』、いよいよ本日リリース!
iTunes Storeトップアルバムでは見事1位を獲得しました。どうもありがとうございます!

12.02.08

iTunes Storeにて、スタジオ・パフォーマンスをライヴ・ストリーミング!

新作のレコーディングを行ったハリウッドのキャピトル・スタジオにて、ダイアナ・クラールのバンドとともにスタジオ・ライヴを行うことが急遽決定! しかも、そのパフォーマンス映像のライヴ中継は、なんと、無料でパソコン(Mac/Windows PC)のiTunes Storeにて誰でもチェック可能です。中継は日本時間の2月10日(金)正午スタート予定なので、お見逃しなく!! 尚、ライヴ中継の映像は後日ビデオ・ストリーミングとしてもiTunes Storeにて無料で視聴可能で、ライヴ音源も後日iTunes Storeで配信される予定です。

ライヴ中継のURL www.itunes.com/paulmccartney
*視聴可能なのはパソコン(Mac/Windows PC)のみです。ご注意ください。

12.02.08

大プロデューサー、クインシー・ジョーンズから絶賛のコメント!

「ポールが『キス・オン・ザ・ボトム』で選んだ曲は、私も子供時代から好きだった曲です。この前の彼のツアーの初日に、バック ステージでポールと一緒に座り、アルバムを全編聴かせてもらえるという栄誉にあずかりました。これらの曲は、過去に書かれた曲の中でも最高の部類に入りま すし、ポールはそれらに脚光を浴びさせる特別な才能を持っています。ポールはこれらの曲を8分音符でアレンジすることなく、古典的なスウィングで歌ってい ます。(フランク・)シナトラがかつて言ったように、「彼はどっぷりハマっている」のです。こんにち、ポールほど信頼でき、優雅で、深い人格を持ったアー ティストはいません。私たちの49年にもわたる友情関係は、ビートルズがアメリカに上陸する前にさかのぼります。ポールがこのアルバムを作ってくれたこと をとても嬉しく思います。ここに収録されている曲をカヴァーしたレコードはこれまで沢山聴いてきましたが、今回のポールの作品ほど信頼できる作品はありま せん。」

クインシー・ジョーンズ

>> オフィシャル・サイトで確認

12.02.03

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに登録!

ハリウッドの観光名所ともなっている、世界のエンターテイメント界で活躍した人物の名前が彫られた星型のプレートが埋め込まれ た歩道「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」に、満を持してポール・マッカートニーが登録されることが決定しました。ポールは2,460番目の登録に なります。ポールの星型プレートは、既に登録されているビートルズの仲間たち(ジョン、ジョージ、リンゴ)と並んで埋め込まれる予定です。場所は、新作 『キス・オン・ザ・ボトム』が録音されたキャピトル・スタジオの目の前(1750 N. Vine Street)になります。

>> オフィシャル・サイトで確認

12.02.03

ジェイミー・カラムのラジオ番組にゲスト出演

ジェイミー・カラムがホストを務める英国BBC Radio 2の番組に出演したポール。新作『キス・オン・ザ・ボトム』のことや、ビートルズ時代のことなどをたっぷり語りました。
ポールとの対面したジェイミーは次のようにコメントしています。
「ポールとジャズについて話ができるなんて夢のようだった。ビートルズに関する素晴らしいストーリーを聞けて最高だったし、とにかく一日中ポールの話を聞いていたかった。これこそまさに、僕がBBC Radio 2をやっていて本当に良かったと思う瞬間だよ。」
ポールのゲスト出演回は、英国現地時間の2月7日(火)にオンエア予定です。

>> オフィシャル・サイトで確認

12.02.03

スティーヴィー・ワンダーのゲスト参加について

120126

ポール・マッカートニーの新作『キス・オン・ザ・ボトム』にはスティーヴィー・ワンダーがゲスト参加していますが、ふたりの共演は1982年3月発表のシングル「エボニー・アンド・アイヴォリー」以来、今回が実に30年ぶりのこと。

「エボニー・アンド・アイヴォリー」は、ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー名義でリリースされ、全米・全英1位に輝いた大ヒット曲です。

今回スティーヴィーは、ポールの新曲「オンリー・アワ・ハーツ」にハーモニカでがゲスト参加。そのときの模様をポールは次のように語っています。

「スティーヴィーはロサンジェルスのスタジオにやってきて、10分ほどトラックを聴いただけですべてを理解した。そしてマイク のところへ行き、20分もかからずにあのドラマティックなソロを吹き込んだんだ。みんながこのソロを聴いたときに『どうしてこんなことができるの?』と思 うだろうけど、その理由はただひとつ、スティーヴィーが天才だからだよ」

12.01.26

ロンドンにて記者会見を開催!

新作『キス・オン・ザ・ボトム』のアルバム・プロモーションの一環として、1月19日にロンドン市内のホテルにて世界各国のメディアを集めてポールの記者会見が行われました。

会見には20ヵ国から40社近いメディアが参加。新作への並々ならぬ注目度を証明しました。2回に分けて開催された会見のう ち、1回はポール・マッカートニーのオフィシャルサイトを通じてライヴ・ストリーミングされ、途中、事前に寄せられたファンからの質問に答える場面もあり ました。

会見でポールは、新作がスタンダード・ソングのカヴァー集となったことについて、「ずっと前から考えていた企画だったんだけ ど、やろうとするとロビー・ウィリアムスとかロッド・スチュワートとか、いつも誰かに先を越されたんだ(笑)。でも今回のプロデューサーのトミー・リ ピューマに相談したら、そんなこと気にしないでやろう、と言ってくれたんだ」。

収録曲のスタンダード・ソングに関しては、「子供のころラジオで聴いたり、父親がピアノで弾いてくれたりして知った曲もある。特に『イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン』には父の思い出がある」と語りました。

レコーディングは、ハリウッドの歴史あるキャピトル・スタジオを中心に行われました。「ダイアナ・クラールをはじめとする素晴 らしいジャズ・ミュージシャンをバックにして歌うので、最初はどうしていいか戸惑ったよ。今回はスタジオに入ってから、ダイアナたちとアレンジを相談しな がら録音していった。とてもオーガニックな進め方で僕にとっては新鮮だった。でも後から思えば、ビートルズの頃もこんなやり方で録音していたんだよね」。

ファンからの「アルバムの中でお気に入りの曲は?」という質問については、「マイ・ヴァレンタイン」と「バイ・バイ・ブラック バード」と回答。特にリード・トラックとなっている書き下ろしの新曲「マイ・ヴァレンタイン」は、新妻ナンシーとモロッコに旅行中、まさにヴァレンタイ ン・デーに書き下ろした曲とのことで、特別に大切な曲のようです。

和彦

12.01.24

グラミー賞の授賞式でパフォーマンス!

2月12日にロサンジェルスで開催される第54回グラミー賞の授賞式で、ポールが演奏することが正式発表されました。

ポールはこれまでにグラミーを14回獲得しており、今回も『バンド・オン・ザ・ラン』の再発盤が【最優秀ヒストリカル・アルバム部門】にノミネートされています。

12.01.20

iTunesでニュー・アルバム『キス・オン・ザ・ボトム』の予約注文がスタート!

iTunesのメイン・ページにて大バナー展開中!ぜひチェックしてみてください。

予約はコチラ!

12.01.19

 

今晩!新作用記者会見の模様をライヴ・ストリーミング

ポール・マッカートニーが、新作『キス・オン・ザ・ボトム』のプロモーションのために、本日19日にロンドンで行われる各国のメディアとの記者会見の模様を、オフィシャルサイト(www.paulmccartney.com)でライヴ・ストリーミングします。
日本時間では、日が明けて20日の午前1時〜2時の間の30分間です。
また、ここでは、ポールが一般のファンから寄せられた質問に答える企画も予定しています。質問は現在ポールのオフィシャルサイトで募集中ですので、ぜひトライしてみては?

12.01.19

NEWS一覧に戻る

 
 
 

Digital Download

Itunesで購入

Recochokuで購入

Moraで購入

☆ハイレゾ配信

Logo -e -onkyo

☆STREAMING
Spotify _b