BIOGRAPHY

Photo

大貫妙子 Onuki, Taeko 
シンガー&ソング・ライター

http://onukitaeko.jp

東京生まれ。
1973年、山下達郎らとシュガー・ベイブを結成。75年に日本初の都会的ポップスの名盤『ソングス』をリリースするも76年解散。同年『グレイ スカイズ』でソロ・デビュー。以来、現在までに27枚のオリジナル・アルバムをリリース。日本のポップ・ミュージックにおける女性シンガー&ソング・ライターの草分けのひとり。その独自の美意識に基づく繊細な音楽世界、飾らない透明な歌声で、多くの人を魅了している。

坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏、大村憲司らが参加した初期代表作『ロマンティーク』『クリシェ』、現在もセッションに欠かせないピアニスト、フェビアン・レザ・パネ参加の『pure acoustic』、92年には当時新進気鋭のミュージシャンだった小林武史参加による『DRAWING』など、今も色あせない日本のポップスの名作をリリースしている。最新のオリジナル・アルバムは、盟友・坂本龍一との共作「UTAU」。坂本の楽曲に大貫が歌詞をのせ、坂本のピアノ一本で大貫が歌った。本作はCDジャーナル大賞を受賞した。
CM・映画音楽関連も多く、映画「Shall weダンス?」(監督:周防正行 96年)のメイン・テーマや、98年の映画「東京日和」の音楽プロデュース(監督:竹中直人/第21回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞)、スタジオジブリ初の海外配給作品「キリクと魔女」イメージ・ソング、映画「めがね」(監督:荻上直子、主演:小林聡美 2007年)主題歌などを担当した。2010年映画「人間失格」劇中歌「アヴェ・マリア」(歌唱)、映画「マザーウウォーター」主題歌(作詞・作曲・歌唱)、2011年「東京オアシス」など、数多くのオリジナルサウンドトラックを手がけている。
レコーディングや取材などで南極も含む6大陸すべてに足跡を残し、日々の暮らしの視点から、環境、エネルギー、食料などの問題についての発言も多く、東洋医学に基づく健康管理や米作りを実践するという行動派でもある。
2013年デビュー40周年を記念する『大貫妙子 トリビュート・アルバム』をリリース。エッセイ集『私の暮らしかた』(新潮社)で綴られた生き方が世代を問わず共感を呼んでいる。NHKラジオ深夜便・深夜便のうた「愛しきあなたへ」を大貫妙子&小松亮太としてリリース。2015年6月小松亮太とのアルバム「Tint」をリリース。「Tint」は第57回輝く日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞した。